メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

13年前の5月、師匠が突然逝った日

事故で世を去った玉川福太郎を思う(上)

玉川奈々福 浪曲師

記憶をたどり、時をさかのぼる

拡大浪曲界を代表する存在だった玉川福太郎さん。豪快な節回しとたんかに加え、愛敬もある正統派の芸で幅広い人気を集めた。61歳で亡くなった=森幸一撮影
 緊急事態宣言下。相変わらず、公演はひとつもありません。

 経済的には大変だけれど、こんなに時間があるときは、今までなかった。今こそ、たくさん本を読み、稽古をし、新作をつくり……と、思うのだけれど。目先に目標がないので、なかなかモチベーションが保てません。

 つい、物思いにふけってしまいます。

 風薫る五月。いい季節ですが、私にとっては切ない季節でもあります。

 師匠・玉川福太郎に入門して、25年になります。入門して12年経ったとき、師匠が急逝しました。

 2007年5月のこと。

 あまりに急に亡くなったので、それはどこか私の傷になっているのでしょう。今まで、師匠の死については、ちゃんと書いてきませんでした。亡くなった当時のメモが、手元に残っているだけです。

 いま、動きがない、動きようがない、こんなときだからこそ、覚えていることを、きちんと記録しておこうと思います。皆様に伝える、というより、自分自身のための記録として。だから、ですます調ではなく、覚書的な書き方になりますが、お許しください。

 長いので、前・後編にしました。後編は次回、掲載させていただきます。

 13年前。記憶を、時をさかのぼります。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

玉川奈々福

玉川奈々福(たまがわ・ななふく) 浪曲師

横浜市生まれ。出版社の編集者だった94年、たまたま新聞で浪曲教室のお知らせを見て、三味線を習い始め、翌年、玉川福太郎に入門。01年に曲師から浪曲師に転じ、06年、玉川奈々福の名披露目をする。04年に師匠である福太郎の「徹底天保水滸伝」連続公演をプロデュースして大成功させて以来、数々の公演を企画し、浪曲の魅力を広めてきた。

玉川奈々福の記事

もっと見る