メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

初めて小説化された平安時代のプレイボーイ、在原業平の生涯(前編)

『小説伊勢物語 業平』を上梓した髙樹のぶ子と万葉学者上野誠の含蓄対談

丸山あかね ライター

 新型コロナウイルス感染対策による外出自粛中の5月13日、一冊の本が出版され、注目を集めている。(日本経済新聞出版本部・日経マーケティング発売)。90パーセントの書店が閉じられている中、発売から1週間で重版と幸先の良いスタートを切った。

さまざまな恋による感動が綴られる物語

 周知のように、『伊勢物語』は平安時代初期に成立した全125 章段からなる歌物語だ。

拡大画・大野俊明
拡大

月やあらぬ春や昔の春ならぬ 我が身ひとつはもとの身にして(※ああ。この月はいつぞやの月とは違うのか。この春は去年の春ではないのか。何も変わらぬ月や春のはずなのに。わが身だけが元のまま、あの御方を思い続けているせいで、月や春さえ、昔とは違ってしまったようにさえ思えてしまうのです)

かきくらす心の闇にまどひきに 夢うつつとはこよひさだめよ(※お別れした悲しみで私の心はまだ闇の中、お逢いしたのが夢であったか現実であったか、今晩お見えくださり、明らかにいたしましょう。どうぞどうぞ来てくだされ)

拡大髙樹のぶ子著『小説伊勢物語 業平』(日本経済新聞出版本部・日経マーケティング発売)

 『伊勢物語』は『在五が物語』『在五 中将 物語』『在五中将日記』といった別名を持つが、「在五」「中将」とは在原業平のこと。大半が「むかし男、ありけり」と始まる伊勢物語の主人公は業平である、あるいは作者は業平である、という説が有力だ。

 いずれにせよ、描かれているのは、阿呆親王を父に持つ雅な、そして容姿鍛錬な男が15歳で元服してから56歳で人生の幕を閉じるまでに出会った女性達との恋模様。

 初々しい恋、華やかな恋、艶めいた恋、奔放な恋、切ない恋、憐れな恋、禁断の恋……。さまざまな恋を通して主人公が経験する感動が綴られている。

 この歌物語を小説に仕立てあげ、現代によみがえらせた作家の髙樹のぶ子氏と、歴史学や考古学、民俗学を取り入れた研究で文学界に新風を送る万葉学者の上野誠氏との、含蓄とユーモアに富んだ対談を前編・後編に分けてお届けしたい。

拡大髙樹のぶ子さん(撮影・花井智子)

髙樹のぶ子 たかぎ・のぶこ
1946年、山口県生まれ。80年『その細き道』で作家デビュー。84『光抱く友よ』で芥川賞、94年『蔦燃』で島清恋愛文学賞、95年『水脈』で女流文学賞、99年『透光の樹』で谷崎潤一郎賞、2006年『HOKKAI』で芸術選奨文部科学大臣賞、2010年『トモスイ』で川端康成文学賞受賞。芥川賞をはじめ多くの文学賞の選考にたずさわる。2017年、日本芸術院会員。2018年、文化功労者。ほかの著作に『マイマイ新子』『百年の預言』『甘苦上海』『ほとほと』『明日香さんの霊異記』など多数。

拡大上野誠さん(撮影・花井智子)

上野 誠 うえの・まこと
1960年、福岡県生まれ。國學院大學大学院文学研究科博士課程後期単位取得満期退学。博士(文学)。現在、奈良大学文学部教授(国文学科)。研究テーマは、万葉挽歌の史的研究と万葉文化論。第12回日本民族学会研究奨励賞、第15回上代文学会賞受賞。『魂の古代学―問いつづける折口信夫』にて第7回角川財団学芸賞受賞。その他の著書に『万葉文化論』『万葉挽歌の心―夢と死の古代学』『日本人にとって聖なるものとは何かー神と自然の古代学』『万葉集から古代を読みとく』など多数。近著に『万葉学者、墓をしまい母を送る』

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

丸山あかね

丸山あかね(まるやま・あかね) ライター

1963年、東京生まれ。玉川学園女子短期大学卒業。離婚を機にフリーライターとなる。男性誌、女性誌を問わず、人物インタビュー、ルポ、映画評、書評、エッセイ、本の構成など幅広い分野で執筆している。著書に『江原啓之への質問状』(徳間書店・共著)、『耳と文章力』(講談社)など

丸山あかねの記事

もっと見る