メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

木村花さんの死にも懲りない、批判と誹謗中傷の違いが分からない人たち

「言葉のカスタマイズ」による誹謗中傷の自己正当化

勝部元気 コラムニスト・社会起業家

誹謗中傷に反対する人に対するさらなる誹謗中傷

 ところが、問題は全く収まりません。あろうことか、誹謗中傷を問題視したその瞬間から誹謗中傷をする人たちが続出しました。たとえば、前述のきゃりーぱみゅぱみゅさんに対して、「あなただって安倍首相を誹謗中傷していたじゃないか!」という類の誹謗中傷が殺到したのです。

 前回の記事「「#検察庁法改正案に抗議」した芸能人を叩いた者の正体は」でも指摘したように、彼女は話題となったこのタグをTwitterに投稿していました(後に削除)。ですが、政策への批判に過ぎないこの投稿を、「安倍首相個人への誹謗中傷」と捉え、様々なバッシングが加えられました。

 言わずもがな、批判と誹謗中傷は全く異なります。両者を意図的に混同させているのか、本気で区別がつかずに安倍首相を被害者だと思い込んでいるのか分かりませんが、いずれにせよ、誹謗中傷に反対するだけでさらなる誹謗中傷が巻き起こるのは異常事態だと言えるでしょう。

木村さんと岡村さんの構造が同じに見える人たち

 また、さらなる誹謗中傷が発生したケースは、

・・・ログインして読む
(残り:約2594文字/本文:約3914文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

勝部元気

勝部元気(かつべ・げんき) コラムニスト・社会起業家

1983年、東京都生まれ。民間企業の経営企画部門や経理財務部門等で部門トップを歴任した後に現職。現代の新しい社会問題を「言語化」することを得意とし、ジェンダー、働き方、少子非婚化、教育、ネット心理等の分野を主に扱う。著書に『恋愛氷河期』(扶桑社)。株式会社リプロエージェント代表取締役、市民団体パリテコミュニティーズ代表理事。所有する資格数は71個。公式サイトはこちら

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

勝部元気の記事

もっと見る