メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

コロナ後は「創造経済」の時代、鍵握る芸術文化への支援

社会も教育も「クリエーティビティー」重視に舵を切れ

野田邦弘 鳥取大学特命教授(文化政策、創造都市論)

芸術文化への深刻な打撃

拡大長期の休業を余儀なくされているライブハウスの経営者やDJらが助成を訴える活動「#SaveOurSpace」のオンライン会見

 新型コロナウイルスの感染拡大は世界を覆い尽くし、日本にも未曽有の被害と社会的混乱をもたらしている。本稿では、コロナ後の社会がどのような不可逆的な変化に直面するか、それをふまえてどのようなポストコロナ社会をわれわれは構想すべきかについて「創造経済」をキーワードに考察する。

 2020年4月7日に出された緊急事態宣言以降、経済活動の停止・縮小が始まった。

 いち早く影響を受けたのは、芸術文化・スポーツなどイベントの分野、宿泊業・小売業など観光関連産業、飲食店などである。

 そのなかで特に芸術文化活動に焦点を絞って見ていく。

 芸術文化活動を担う主体には、劇場・音楽ホール・博物館(美術館)・映画館などの施設、プロダクション(制作会社)、劇団・楽団等芸術団体、個人アーティストなどがあるが、公立施設を除けば、ほとんどが小企業か個人で経営基盤が脆弱なものが多く、資金繰りが滞ると即経営破綻の危機に直面する。政府による支援の動きは遅く、迅速で手厚いドイツやフランスなどと比べて根強い批判がある。

 福岡市による文化・芸術関係者への調査(有効回答数個人645件、事業所61件)では、「公演、展示、イベント等の中止・延期がある」と回答したのは個人92%、事業所100%。それによる「収入の損失額」は平均で個人44万円、事業所632万円となっており、「損失分への支援」を求める声が多い。

 このように経済循環の急激な縮小で真っ先に打撃をこうむる芸術文化活動は、小規模・零細、非営利、自己裁量型、プロジェクト型(非正規)、公的資金への依存、という脆弱な経済基盤しか持っていない。

 しかし、芸術文化を担う人達は、後述するようにポストコロナ時代にはっきりと輪郭をあらわす創造経済の中心に位置する重要なキープレーヤーである。そのため、活動の継続を支援するのは単に文化政策としてだけではなく経済政策としても必要である。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

野田邦弘

野田邦弘(のだ・くにひろ) 鳥取大学特命教授(文化政策、創造都市論)

2004年まで横浜市職員として「クリエイティブシティ・ヨコハマ」の策定や「横浜トリエンナーレ2005」など文化行政に携わる。主な著書に『文化政策の展開』、『創造都市横浜の戦略』、『文化行政−はじまり・いま・みらい』、『イベント創造の時代~自治体と市民によるアートマネジメント』、共著に『地域学入門』、『創造都市への展望』など。 近く『アートがひらく地域のこれから―クリエイティビティを生かす社会へ』(共著)が刊行される。鳥取の中心市街地でアートプロジェクト「ホスピテイル」に取り組む。

野田邦弘の記事

もっと見る