メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

無料

劇場と行政との関係を問い直す【上】

ロームシアター京都での出来事を他山の石に

橋本裕介 ロームシアター京都プログラムディレクター

混乱の中で始まった新年度

拡大ロームシアター京都=京都市左京区

 私は現在、京都市にある「ロームシアター京都」という市立劇場で、「プログラムディレクター」という仕事をしている。新型コロナウイルスの感染拡大によって、劇場は4月10日から5月19日まで閉館した。ようやく再開場はしたが、2月末以降、予定していた自主事業13本が中止や延期を余儀なくされた。

 こうして2020年度は混乱の中で始まったのだが、実は、劇場はその数カ月前から、大きな問題を抱えていた。1月に発表された館長人事をめぐって、劇場と京都市に様々な批判や疑義が寄せられていたのだ。結局京都市は、館長就任を1年延期したが、その1年間でどのような信頼回復をするか、まだ道筋が明らかになってない。

 今の京都で起きていることは、日本の芸術文化行政に潜む様々な課題と深く結びついていると私は考えている。

 外からは見えにくい問題だが、公立文化施設と地方自治体の関係をはじめ、広く議論すべきことが多くある。他の地域に人々に「他山の石」としてもらうためにも、当事者の一人として現状を整理し、考えを述べたいと思う。

(作品写真は、ロームシアター京都を中心に開催されている「KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭」で発表された舞台から)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

橋本裕介

橋本裕介(はしもと・ゆうすけ) ロームシアター京都プログラムディレクター

1976年、福岡生まれ。京都大学在学中の1997年より演劇活動を開始、2003年橋本制作事務所を設立後、京都芸術センター事業「演劇計画」など、現代演劇、コンテンポラリーダンスの企画・制作を手がける。2010年よりKYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭を企画、2019年までプログラムディレクターを務める。2013年2月から2019年3月まで舞台芸術制作者オープンネットワーク(ON-PAM)理事長。2014年1月よりロームシアター京都勤務、プログラムディレクター(プロフィール写真はルシール・レイボーズ撮影)

橋本裕介の記事

もっと見る