メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

恐怖と魅惑のヒッチコック特集! 英国時代の最高作『三十九夜』

藤崎康 映画評論家、文芸評論家、慶応義塾大学、学習院大学講師

 新型コロナの影響で休業中だった各地の映画館が再開している。さて何を観ようか、と迷うことはない。まずは“映画の聖地”、東京・シネマヴェーラ渋谷のヒッチコック特集に駆けつけよう!――まったくもって、この時期に“サスペンスの神様”、アルフレッド・ヒッチコック監督(英、1899~1980)の35作品が上映されるとあっては、映画ファンは絶対に見のがせない(6月6日~、ヒッチコック監督特集Ⅱ)。

 ヒッチコックの全作品57本のうち、その過半数がスクリーンで観られるわけだが、しかも演目が、これまたシネマヴェーラならではの、目を見張るようなユニークさである。切り裂きジャックを題材にした『下宿人』(1927)などのサイレント8本を含む、ヒッチコック英国時代(1925~39)の白黒作品が20本もセレクトされているばかりか、アメリカ時代(1940~76)の作品も、最もポピュラーな『サイコ』『裏窓』『めまい』といった後期の名作群ではなく、第1作『レベッカ』(1940)から『私は告白する』(1953)までの、いわば初期から中期の、比較的知られていない、しかし極上の15本――うち13本が白黒――が上映されるのだ。なんという贅沢なラインナップ!

来日したアルフレッド・ヒッチコック監督(左)=1955年12月、東京の帝国ホテルで拡大来日したアルフレッド・ヒッチコック監督(左)=1955年12月、東京の帝国ホテルで

 ――というわけで、上映作品すべてが必見だが、ここでは2回にわたって、とくに注目すべき重要作を取り上げ、そのほかの作品にもできるかぎり言及したい(ほとんどのヒッチコック作品品はDVD化されている)。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

藤崎康

藤崎康(ふじさき・こう) 映画評論家、文芸評論家、慶応義塾大学、学習院大学講師

東京都生まれ。映画評論家、文芸評論家。1983年、慶応義塾大学フランス文学科大学院博士課程修了。著書に『戦争の映画史――恐怖と快楽のフィルム学』(朝日選書)など。現在『クロード・シャブロル論』(仮題)を準備中。熱狂的なスロージョガ―、かつ草テニスプレーヤー。わが人生のべスト3(順不同)は邦画が、山中貞雄『丹下左膳余話 百万両の壺』、江崎実生『逢いたくて逢いたくて』、黒沢清『叫』、洋画がジョン・フォード『長い灰色の線』、クロード・シャブロル『野獣死すべし』、シルベスター・スタローン『ランボー 最後の戦場』(いずれも順不同)

藤崎康の記事

もっと見る