メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

加藤和樹ミニアルバム「Addicted BOX」6/10リリース/下

「RISKY」・「君ニ唄エバ」・「Shining Star」

真名子陽子 ライター、エディター


ガンガンにマイクパフォーマンスをしたい

――続いて「RISKY」。新曲ですね。

 男心というか、成り上がりの男の気持ちを歌った曲ですね。もう歌詞がおもしろい! これまでも石川絵理さんには何曲か書いてもらっているんですけど、このアプローチはおもしろいなあと思いました。ちゃんとストーリー性になっているし、この曲で映像を撮ってもおもしろいだろうなって。すぐにイメージできたので入り込んで歌うことができました。

――石川絵理さんになぜこの歌詞を加藤さんに書かれたんですかって聞いてみたいくらいです(笑)。

 (笑)。この成り上がり野郎の歌は最高におもしろいですね。男としてちょっと背伸びして無理してきたことも、経験としてちゃんと無駄にならずに生かしている、無駄なことなんてないんだというメッセージを僕はもらいましたね。

拡大「Addicted BOX」/加藤和樹

――男心としてわかります?

 わかります。やっぱ男ってカッコつけですから!(笑)。ダサいって言われてもこのダサカッコいいのがわかんない?って言っちゃうんですよね。

――では、色で例えると?

 これ難しいんですよね。常に変化しているイメージで、迷彩でもなく何だろう……? グラデーションかな。紫とかエメラルドとか……。

――原色!?決してパステルではないですよね。LIVEで歌われるのが楽しみです。

 この曲はガンガンにマイクパフォーマンスをしたいですね。

青春時代を思い出した

――そして、「君ニ唄エバ」。

 曲を作ったきなみうみさんがすごい若いんですよ。まだ二十代前半で、今回初めて作ってもらったんですけど。

――そうなんですね。ちなみに提供してもらう楽曲はどうやって決めるんですか?

 基本的に集めて下さった楽曲を選曲会議の時に聞いて決めています。きなみさんは「君ニ唄エバ」のアレンジをする時にお会いしたんですけど、20歳くらいに見えて衝撃を受けました。若さなのか? 曲のノリ方が独特というか、今までにない感じだったんです。普通にノルとちょっと違和感があったので、わざと外すみたいな感じにしようと話し合って歌いました。楽曲は可愛らしくてちょっと淡い感じで、地元にいた頃の青春時代を思い出しましたね。

――その選曲会議で曲を選ぶ基準は何かあるんですか?

 直感で歌いたいなって思う楽曲を選びます。もちろんみんなで決めるんですけど。

――では……。

 これはもう淡いピンク。間違いなく!

◆リリース情報◆
加藤和樹「Addicted BOX」6/10リリース
01. RISKY[作詞:石川絵理 / 作曲:上田起士 / 編曲:野井洋児]
02. Tell Me Why[作詞・作曲・編曲:ナノウ]
03. 君ニ唄エバ[作詞・作曲・編曲:きなみうみ]
04. Hello[作詞:加藤和樹 / 作・編曲:田中俊亮]
05. Shining Star[作詞:加藤和樹 / 作曲:HIKARI / 編曲:日比野裕史]
06. 片想い[作詞・作曲:浜田省吾 / 編曲:田中俊亮] ※TYPE BはAcoustic ver.
★加藤和樹IMPERIAL RECORDS サイト

◆LIVE情報◆
Kazuki Kato Road Tour 2020 ~Thank you for coming! 2~
2020年10月28日(水)茨城県・水戸 LIGHT HOUSE
2020年10月30日(金)千葉県・柏 PALOOZA
2020年11月2日(月)愛知県・名古屋 SPADE BOX
2020年11月3日(火・祝)岐阜県・柳ケ瀬 ants
2020年11月4日(水)静岡県・浜松 窓枠
2020年11月7日(土)広島県・広島 セカンド・クラッチ
2020年11月8日(日)岡山県・岡山 IMAGE
2020年11月9日(月)兵庫県・神戸 VARIT.
2020年11月14日(土)山梨県・甲府 CONVICTION
2020年11月23日(月・祝) 岩手県・盛岡 CLUB CHANGE WAVE
2020年11月24日(火)宮城県・仙台 MACANA
2020年11月25日(水)福島県・郡山 HIPSHOT JAPAN
2020年11月27日(金)北海道・札幌 SPiCE
2020年12月1日(火)香川県・高松 DIME
2020年12月2日(水)徳島県・徳島 club GRINDHOUSE
2020年12月5日(土)東京都・新宿 BLAZE
2021年1月14日(木)鹿児島県・鹿児島 SR HALL
2021年1月16日(土)長崎県・長崎 DRUM Be-7
2021年1月17日(日) 福岡県・福岡 DRUM Be-1
2021年1月20日(水)神奈川県・新横浜 NEW SIDE BEACH
2021年1月22日(金)石川県・金沢 AZ
2021年1月23日(土)長野県・長野 CLUB JUNK BOX
2021年1月24日(日)埼玉県・さいたま新都心 HEAVEN’S ROCK
 
Kazuki Kato Live GIG 2020 ~Addiction~
2020年11月17日(火)東京都・新宿 BLAZE
2020年11月19日(木)大阪府・大阪 Banana Hall
★公式ホームページ
 
〈加藤和樹プロフィル〉
 2005年ミュージカル『テニスの王子様』で脚光を浴びる。翌年Mini Album「Rough Diamond」でCDデビュー。2009年には韓国、台湾、中国でCDデビューを果たし、音楽活動と並行し、舞台・ミュージカル・映像作品にも多数出演。俳優・声優としても活躍の場を広げている。近年の主な出演作品は、『ファントム』『怪人と探偵』『BACKBEAT』、『暗くなるまで待って』、project K『僕らの未来』、『1789 -バスティーユの恋人たち-』など。6月からは24か所全国LIVE TOURと10月にミュージカル『ローマの休日』への出演が決まっている。
公式ホームページ
公式twitter

・・・ログインして読む
(残り:約1047文字/本文:約3531文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

真名子陽子

真名子陽子(まなご・ようこ) ライター、エディター

大阪生まれ。ファッションデザインの専門学校を卒業後、デザイナーやファッションショーの制作などを経て、好奇心の赴くままに職歴を重ね、現在の仕事に落ち着く。レシピ本や観光情報誌、学校案内パンフレットなどの編集に携わる一方、再びめぐりあった舞台のおもしろさを広く伝えるべく、文化・エンタメジャンルのスターファイルで、役者インタビューなどを執筆している。

真名子陽子の記事

もっと見る