メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

DA PUMPからEXILEへ~新しい「不良」アイドルのかたち

太田省一 社会学者

 前回は、1990年代後半に登場したDA PUMPが、ジャニーズとは異なるタイプのダンスアイドルとして人気を獲得した様子、その背景にある文化のストリート志向についてみてきた。今回は、そうした新たな「不良」系の男性アイドルのひとつの帰結としてEXILEの誕生に至るプロセスを追ってみたい。

ラップの大衆化

 1990年代は、音楽の世界でプロデューサーの存在感がぐんと増した時代だった。小室哲哉やつんく、小林武史などは有名だが、DA PUMPのデビュー曲から作詞・作曲、そしてプロデュースを担当したm.c.A・T(富樫明生)もまた、そんなひとりである。

 DA PUMP登場の背景にあるヒップホップ文化については前回もふれたが、m.c.A・T自身もそうした文化の影響を色濃く受けつつ、そこに独自のポップ色を加味しようとしたミュージシャンであった。そんな自らの音楽を彼は「J-School Rap」と呼んだ。

 m.c.A・Tが「Bomb A Head!」で再デビューし、注目されたのが1993年。それと軌を一にするように、ラップをフィーチャーしたヒットソングが日本でも生まれ始める。

EAST END×YURI「denim-ed souL」(94年) FILE RECORDS拡大EAST END×YURI「denim-ed souL」(1994年) =FILE RECORDS提供
 たとえば、小室哲哉はこうしたトレンドに敏感なひとりだったと言える。自らがメンバーとなったglobeやプロデュースしたtrf(TRF)などには、ラップパートを担当するメンバーが入っていたのはよく知られるところだろう。

 よりラップが前面に出たヒット曲としては、スチャダラパーと小沢健二のコラボ曲「今夜はブギー・バック」(1994年発売)やEAST END×YURIの「DA.YO.NE」(1994年発売)がある。EAST END×YURIは、ヒップホップ系のミュージシャンとしては初めて1995年の『NHK紅白歌合戦』にも出場した。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

太田省一

太田省一(おおた・しょういち) 社会学者

1960年、富山県生まれ。東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得満期退学。テレビ、アイドル、歌謡曲、お笑いなどメディア、ポピュラー文化の諸分野をテーマにしながら、戦後日本社会とメディアの関係に新たな光を当てるべく執筆活動を行っている。著書に『紅白歌合戦と日本人』、『アイドル進化論――南沙織から初音ミク、AKB48まで』(いずれも筑摩書房)、『社会は笑う・増補版――ボケとツッコミの人間関係』、『中居正広という生き方』(いずれも青弓社)。最新刊は『SMAPと平成ニッポン――不安の時代のエンターテインメント 』(光文社新書)、『ジャニーズの正体――エンターテインメントの戦後史』(双葉社)。

太田省一の記事

もっと見る