メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

「ブラック企業」の修飾語「ブラック」の使用はやめるべきだ

杉田聡 帯広畜産大学名誉教授(哲学・思想史)

 アメリカで起きた「白人」警官による「黒人」の殺害事件に端を発した人種差別反対運動が、世界中に広がっている。日本でもそれは見られるが、低調さはいなめない。黒人の絶対数が少ないために、自らの問題と見なす意識が形成されにくいのかもしれない(ただしNHKの動画問題に見られるように、国内の差別表現に敏感に反応した世論がある。朝日新聞2020年6月10日付)。

 だが日本にも人種(黒人)差別は現にある。第1に日本でも、粗野、無能、怖い存在という黒人像がつくられている。

日本に見られる人種差別――「ブラック」の乱用

 日本に見られる第2の人種差別は、この10年ほどの間に広まった。それは限定的・間接的なものであるが、黒人についてのさらに悪しき偏見・固定観念を作り上げる機能を有する点で、深刻である。

 それは黒人を邪悪な存在として描く。しかも「黒人」Blackを指すのと同じ言葉「ブラック」を、邪悪な対象に冠する修飾語として用いることによってである。

 今日、「ブラック企業」「ブラックバイト」等の言葉を目にすることは、まれではない。大新聞にさえ見られることがある。またこれに付随して、「ブラックな」「ブラッキー」「ブラック化」といった言葉も散見される。以上は労働者を過度に搾取する悪徳企業・事業所を問題化するために使われたのであろうが(最近は「ブラック校則」「ブラック部活」という言葉にも出会った)、それは副作用として、悪しき黒人像を社会のうちに醸成する。

「ブラックバイト」「ブラック部活」などの言葉も“普及”している拡大「ブラックバイト」「ブラック部活」などの言葉も“普及”している(写真はイメージ)

 そして案の定、最近では以上に対置するかのように、望ましい対象を示す修飾語として「ホワイト」という言葉が使われる例が出はじめている。例えば輸出にともなう繁雑な手続きを簡略化できる国をさす「ホワイト国」なる言葉が、一時、公的機関によってさえ使われていた(朝日新聞デジタル版2019年8月7日付)。

 「ホワイト国」は、アメリカその他の白人至上主義者が聞いたら、いかにも喜びそうな言葉である。逆に、非常に悪い意味を込めて日本で使われている「ブラック」もまた、彼らを喜ばせるだろう。何しろ、もともと「黒」(ヨーロッパの言語では「黒」に悪しき意味が付与されているのが普通だが、米語・英語でそれは際立つ)にマイナスの意味をほとんど込めてこなかった一民族が、「黒=邪悪」という自分たちの価値観に、全面的に迎合したのであるから。しかもそれまでの言語空間において、「黒・白」にむしろ全く逆の価値づけがされていたのに、である(→拙稿「「ブラック企業」という言葉は「黒人」を差別する」*)

 いずれにせよ「ブラック」という言葉を、英語のblackが含意する意味を込めて用いるかぎり、人種差別に対して「日本(人)も無実ではない」。この言葉を使う人がいかに善意だったとしても、この言葉は、黒人に対する実質的なヘイトスピーチであり、人種差別を惹起してやまない。

(*) 前稿を私は現役時代の講義ノートを下に書きおろしたが、かつてそのノートを作った際、津田幸男『英語支配の構造――日本人と異文化コミュニケーション』(第三書館)の53-56頁を参照した事実を、前稿執筆時に失念していた。英語のblack、white、日本語の黒、白の意味に関して理解を助けてくれた津田氏に感謝しつつ、以上を記す。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

杉田聡

杉田聡(すぎた・さとし) 帯広畜産大学名誉教授(哲学・思想史)

1953年生まれ。帯広畜産大学名誉教授(哲学・思想史)。著書に、『福沢諭吉と帝国主義イデオロギー』(花伝社)、『逃げられない性犯罪被害者——無謀な最高裁判決』(編著、青弓社)、『レイプの政治学——レイプ神話と「性=人格原則」』(明石書店)、『AV神話——アダルトビデオをまねてはいけない』(大月書店)、『男権主義的セクシュアリティ——ポルノ・買売春擁護論批判』(青木書店)、『天は人の下に人を造る——「福沢諭吉神話」を超えて』(インパクト出版会)、『カント哲学と現代——疎外・啓蒙・正義・環境・ジェンダー』(行路社)、『「3・11」後の技術と人間——技術的理性への問い』(世界思想社)、『「買い物難民」をなくせ!——消える商店街、孤立する高齢者』(中公新書ラクレ)、など。

杉田聡の記事

もっと見る