メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

オンライン法要をめぐる憂鬱――コロナ禍で揺れる仏教界

薄井秀夫 (株)寺院デザイン代表取締役

自粛の中に見いだしたオンラインでの儀式

 一方、対策についての回答は、衛生面でのものを除くと、法事減少対策としてオンライン法要を始めたというものが目についた。オンライン法要とは、お寺で行う儀式を、ZoomやYouTubeなどのツールを利用してネット中継するというものである。

 お寺で行う儀式は、密閉、密集、密接の「3密」の状況下で行うものが多い。3密を避けなければならない状況においては、法事や行事を中止するのはやむを得ない。

 それならば、オンラインで儀式を中継することで、3密を避けることができるのではないかという発想である。儀式はお寺で僧侶がきちんとやるから、参列者はモニター越しで参列してくださいということだ。

 儀式自粛で活動ができないお寺にとっては、起死回生の手段に見えるのは当然である。こうして仏教界にも、リモートワークの波が訪れたのだ。

配信している僧侶の法話動画=ユーチューブから拡大配信している僧侶の法話動画=YouTubeから

 ところが仏教界というのは

・・・ログインして読む
(残り:約3241文字/本文:約4409文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

薄井秀夫

薄井秀夫(うすい・ひでお) (株)寺院デザイン代表取締役

1966年生まれ。東北大学文学部卒業(宗教学専攻)。中外日報社、鎌倉新書を経て、2007年、寺の運営コンサルティング会社「寺院デザイン」を設立。著書に『葬祭業界で働く』(共著、ぺりかん社)、 『10年後のお寺をデザインする――寺院仏教のススメ』(鎌倉新書)、『人の集まるお寺のつくり方――檀家の帰属意識をどう高めるか、新しい人々をどう惹きつけるか』(鎌倉新書)など。noteにてマガジン「葬式仏教の研究」を連載中。