メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

無料

柄谷行人と見田宗介の思想には、コロナ禍の混乱から抜け出すヒントがある

閉じざるを得ない今こそ、外部に遍く劈(ひら)く思想のフレクシビリティが不可欠だ

今野哲男 編集者・ライター

戦後思想の二つの頂点

 中島岳志と大澤真幸が「編集協力」に名を連ねる、NHK出版の「戦後思想のエッセンス」シリーズが刊行されたのは2019年の11月25日のこと。その大澤真幸がインタビュアーと編者を務め、「まえがき」で「創刊第0号」であり「特別号」と位置づけるのが、『戦後思想の到達点――柄谷行人、自身を語る 見田宗介、自身を語る』だ。

『戦後思想の到達点――柄谷行人、自身を語る 見田宗介、自身を語る』拡大大澤真幸編『戦後思想の到達点――柄谷行人、自身を語る 見田宗介、自身を語る』(NHK出版)
 ちなみにシリーズ全体については、「日本の戦後という歴史的なフェーズをコンテキストとして考え、活動してきた思想家を、一冊で一人ずつとりあげ、後続の世代の一人の書き手によって論ずる」と説明している。

 今のところ、本書、並びに本書と同時に刊行されたシリーズの二つの巻(『吉本隆明――思想家にとって戦争とは何か』安藤礼二著『石原慎太郎――作家はなぜ政治家になったか』中島岳志著、さらに続巻が告示されている『丸山真男』(白井聡著)の計4巻を除き、企画の全貌と詳細が明らかではなく、通巻番号もないのだが、そのことがかえって、今後の続巻のラインナップや内容に、フレクシブルで現在進行形のスリリングな期待を抱かせるところがある。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

今野哲男

今野哲男(こんの・てつお) 編集者・ライター

1953年生まれ。月刊『翻訳の世界』編集長を経てフリーに。「光文社古典新訳文庫」に創刊以来かかわり、また演劇体験をいかして『セレクション 竹内敏晴の「からだと思想」』全4巻(藤原書店)などを編集。著書に『竹内敏晴』(言視舎評伝選)、共著に森達也との『希望の国の少数異見』(言視舎)、インタビュアーとしての仕事に、鷲田清一『教養としての「死」を考える』、吉本隆明『生涯現役』(以上、洋泉社)、木村敏『臨床哲学の知』(言視舎)、竹内敏晴『レッスンする人』(藤原書店)、『生きることのレッスン』(トランスビュー)など。現・上智大学非常勤講師。