メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

 日本と韓国の伝統楽器は似ています。日本のお琴は韓国のカヤグムに似ているし、木管楽器の篳篥(ひちりき)はピリに似ています。

拡大国楽管弦楽団とのコンチェルト
 私が主に演奏している両面太鼓チャンゴは、鼓(つつみ)を大きくした感じです。日本の雅楽で奏でられる音楽も、音だけ聞くと韓国の宮中音楽(正楽)と区別がつかない人がいるのではないかなと思います。

 韓国の代表的な伝統楽器には、弦楽器(カヤグム コムンゴ)、木管楽器(テグム ピリ)、摩擦音楽器(ヘグム アジェン)、打楽器(チャング ケンガリ)があります。

 その中でも今日お話しさせていただくのが、チャングという韓国伝統打楽器です。

チャングとの出会い

 チャング、漢字では、「長鼓」もしくは「杖鼓」と書きます。

 日本の鼓太鼓を二回りほど大きくした両面太鼓。両面に動物の皮を張って、竹でできたバチで両面を打ちます。筒は砂時計のような形をした、桐木をくりぬいて作ったもの。その形が、昔は女性の胴体にたとえられ、胴の真ん中がくびれているので、当時別名、腰鼓ともいわれていました。

 私はこの楽器を、10歳のころから学びました。日本で。

 大阪韓国人学校、金剛学園です。そこには、いろいろなクラブがあり、ブラスバンド部や韓国舞踊部などもありました。私は10歳からブラスバンド部に入ってドラムを担当。韓国人学校でしたので、行事も多く、その時に韓国の民謡などをよく演奏しました。

 そのころブラスバンド部の指揮者の先生が、「ミン君、韓国民謡なんだから、ドラムではなく韓国の伝統楽器チャングで演奏してはどうかな?」と提案され、その通り何曲かチャングで演奏し始めたのが、私とチャングとの出会いです。

 チャングがなぜ演奏できたかって?

 それはですね、金剛学園には、韓国伝統舞踊部があったのもありますが、お祭りや行事、文化祭や体育祭では、全校生徒が必ず韓国伝統芸能を披露するのです。授業でも習いますし、楽器が学校中のそこらへんに転がっており、いつでも叩くことが出来ました。

 そして、先輩たちの演奏を幼い時から見ていた私には、なんとなくチャングができたのです。

 その後、韓国にわたり、チャングを専門的に習うようになりましたが、物心がついた時にはチャングと接していましたので、ほかの誰よりも、苦労なく教わったのを覚えています。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

ミン・ヨンチ

ミン・ヨンチ(閔 栄治) ミュージシャン 韓国伝統音楽家

大阪生まれ。幼少の頃からブラスバンドやドラムを経験し、高校から韓国へ。旧李王朝雅楽部養成所であった国立国楽高等学校に入学、ソウル大学音楽学部国楽科卒。1992年サムルノリ競演大会個人部最優秀賞。1992年国楽室内管弦楽団「スルギドゥン」に入団。1993年スーパー・パーカッション・グループ「PURI」創団メンバー。イ・ムンセ(歌手)のテレビ番組にも出演。現在も韓国伝統音楽とジャンルの違う音楽とのコラボレーションに活動中で、2009年に立ち上げた公演「新韓楽」ではジャズとコラボ―レーションした。日韓両国で数多くの公演。アルバム「HANA」(2015年/ユニバーサルミュージック・ジャパン)をリリース。ライブでは日本全国3万人を動員。国楽管弦楽の作曲にも力を入れ、2014年韓国文化芸術委員会で作曲賞受賞。「大衆に楽しんで聞いてもらえる楽曲作り」を目指す。現在、韓国芸術総合大学、梨花女子大学、秋藝芸術大学講師。

ミン・ヨンチの記事

もっと見る