メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

60年安保から60年。〝敗北のレクイエム〟が今に語り継ぐものとは その1

【22】西田佐知子「アカシアの雨がやむとき」

前田和男 翻訳家・ノンフィクション作家

〝死に損ないの気分〟で「アカシアの雨――」を歌った全学連幹部

 以上の経緯から、私も「『アカシアの雨――』は60年安保闘争のレクイエム」説をこれまでかたく信じて疑うことはなかった。しかし、はたしてそれは事実に基づくものだったのだろうか。改めて検証してみることにした。

拡大篠原浩一郎=1963年3月
 先日の集会に先立って、全学連中央執行委員として60年安保を指導・牽引した篠原浩一郎に、その疑念をぶつけたところ、生涯の盟友の全学連委員長・唐牛健太郎との思い出話をまじえて、こう答えてくれた。

 「当時、

・・・ログインして読む
(残り:約7447文字/本文:約9371文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

前田和男

前田和男(まえだ・かずお) 翻訳家・ノンフィクション作家

1947年生まれ。東京大学農学部卒。翻訳家・ノンフィクション作家。著作に『選挙参謀』(太田出版)『民主党政権への伏流』(ポット出版)『男はなぜ化粧をしたがるのか』(集英社新書)『足元の革命』(新潮新書)、訳書にI・ベルイマン『ある結婚の風景』(ヘラルド出版)T・イーグルトン『悪とはなにか』(ビジネス社)など多数。路上観察学会事務局をつとめる。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

前田和男の記事

もっと見る