メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

無料

『日本の最終講義』――閉じた瞬間から23人の「声」がこだまする本

松澤 隆 編集者

 新型コロナウイルスによって、読書量が増えた。ただし、書店に行けなかった「自粛」期間中は、「ツンドク」状態だった様々の本を片っ端から読んでいた(原則として本はインターネットで買いません)。

 また、しばらく取り出さなかったCDを、ジャンルに関係なく聴いた。ハル・ウィルナーがプロデュースした「アマルコルド:ニーノ・ロータ・メモリアル・アルバム」(1981)も、その一枚。ウィルナーは、日本政府が7都府県に非常事態宣言を出した4月7日、太平洋の向こう側で、コロナウイルス感染に基づく合併症で亡くなった。64歳。門外漢が言うのも僭越だが、ウィルナーという人は、「アマルコルド」1枚だけでも素晴らしい音楽プロデューサーだったと思う。

ジャケットも美しい、ハル・ウィルナーがプロデュースした名盤「アマルコルド」拡大ジャケットも美しい、ハル・ウィルナーがプロデュースした名盤「アマルコルド」=筆者提供

 今年3月刊の『日本の最終講義』(KADOKAWA、4500円+税)は、ウィルナーの訃報から少したった頃、知った。再開した三省堂書店神保町本店の4階で目にし、手にとった瞬間(書店に行く喜び!)、定価も気にせず購読を即決してしまった。

「23人」のありがたさと厳しさ

 本書には23人の研究者の「最終講義」が収まる。<講義が実施された編年順>(「凡例」)の構成であり、歿年順ではない。いかなるアンソロジーであっても1人以上の未知の名を見出すものだが、本書にはそれがない。専門分野の偏りもない。主著はおろかちゃんとした単著すら読んだことのない方もいるけれど、それでも、お名前と業績の概略はなんとなく知っている。

氏名を黙読するだけで、感懐が迫る23人拡大氏名を黙読するだけで、感懐が迫る23人
拡大
拡大

 その中で一般読者としてありがたいのは、教え子や門下生のみが対象でない、専門研究者以外の受講者が加わり、その人々を意識した講義の数々である(往年の「最終」ではしばしば起こり得たようだ)。偏頗かつ浅薄に過ごしてきた自分の甘えを忘れ、碩学の研究の精粋に興奮し、その後今日に至る一般的な認識(または誤解)の原点に触れたという感動がもたらされる。好例が、土居健郎≪人間理解の方法――「わかる」と「わからない」≫(1980)。精神医学上の用語もふくめ、すでに書き換えられた知見もあるはずだが、<理解>の意味と、(非常事態下でも繰り返された)<日本の集団>の本質を、痛烈に示唆してくれる。

 反対に、読んで難しい「講義」も複数ある。だが、あの人の「最終講義」がこうした内容だったかという衝撃と好奇が、背後にある丈高き意志に導かれ、極めて専門的な論述と戦って難解さにうち萎れつつも、読み進めさせる。典型は、多田富雄≪スーパーシステムとしての免疫≫(1994)。私事になるが、23人の中で何度も言葉を交わした(東北で3人だけの酒宴にも陪席した)経験は、多田先生だけ。見当はずれの質問に丁寧に答えていただいた過去を恥じるとともに(「自粛」中も尋ねてみたいことは次々発生……)、晩年病躯に抗い、医学者としての矜持と知識人としての責任を貫いた、その<「自己」と「非自己」の境界>にあらためて接し、感銘を新たにする。

多田富雄=1994年拡大多田富雄=1994年

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

松澤 隆

松澤 隆(まつざわ・たかし) 編集者

みすず書房で出版営業、表現研究所(現・小学館クリエイティブ)で編集全般、春秋社で書籍編集に従事し、その後フリー。企画・編集した主な書籍は、佐治晴夫『からだは星からできている』『14歳のための時間論』、小山慶太『星はまたたき物語は始まる』、鎌田浩毅『マグマという名の煩悩』、立川談志『世間はやかん』など(以上すべて春秋社刊)。