メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

無料

コロナ禍のもと、統制を求める自分に戸惑って――『自由の命運』を読む

佐藤美奈子 編集者・批評家

統制を求める自分に戸惑って……

 いわゆる「通勤」をせず、同僚に囲まれた環境でデスクワークをすることもないフリーランスの身ながら、コロナ禍に見舞われて以来、人との対面接触が激減している。打ち合わせや取材はオンライン上のそれで代替し、仕事や買い物で外出したスペースでは「ソーシャルディスタンス」を意識することが習慣となりつつある。約4か月のあいだ、それで日常生活は何とか回っており、大きな不自由もないように感じる。

 しかし、このかん数回実現した対面による打ち合わせや会議、友人らとの会食で得た解放感には、他に代えがたい価値を感じた。「やっぱり直接会って話すことで通じ合い、伝い合えることがこんなにあるんだ」「人間は、他人と直に接触していないとおかしくなるんじゃないか」「『新しい生活様式』などというものに身を委ねたら、本質的で大切な何かを気づかぬうちに失ってしまうのではないか」などと。

 だからといって、「無制限の対面接触を再開したら」と想像したときに湧き上がる恐怖感が無くなるわけではない。「自分が感染源になったらどうしよう」「やはり感染したくない」という思いが拭えないから、「政府はしっかり統制してくれ」という気持ちが起こる。「国や東京都の政策は生ぬるい」「行使されるべき権力が行使されていない」などと。

 プライベートスペースは確保したうえで、死守したい。ところがその思いと、市民監視や権力行使の強化を期待する気持ちとが、せめぎ合っているのだ。これはコロナ禍収束の手ごたえが感じられないあいだ特に強まると思われるが、正直、権力による統制を求める気持ちが自分の中にこんなにあったことに戸惑っている。

 「大きな不自由もないように感じる」と冒頭部に書いてしまったが、「自由」と「不自由」の輪郭を明確に描けているのかと自問すれば、答えに窮する。「自由とは」「不自由とは」について、自覚的に考えてこなかった自身の姿がこんな形で露呈したようでばつが悪い。

 そもそも「自由」とは何か。近代の資本主義社会は、別名「自由主義社会」と呼ばれることもある。曲がりなりにも日本もそのような社会のひとつと見なされて長い以上、「自由」には言わずもがなの価値が認められてきたはずだ。しかしコロナ禍のような事態においてはなおさら、たんに「自由を!」と叫ぶだけでは足りない、という思いが勝る。

 このような状況下、どうやって「自由」と向き合うべきなのか。自由の拠って立つ土台を改めて確認したい。そうした問題意識に格好の材料を与えてくれる一書に出会った。ダロン・アセモグル&ジェイムズ・A・ロビンソン著『自由の命運――国家、社会、そして狭い回廊』(上下、櫻井祐子訳、早川書房)である。自由の実現がいかに困難な過程を辿るか、困難だからこそ常に基礎づけ直していないと消滅するのが自由であることを、古今東西の豊富な事例をもとに世界史的観点から描き出している。

ダロン・アセモグル&ジェイムズ・A・ロビンソン著『自由の命運――国家、社会、そして狭い回廊』(上下、櫻井祐子訳、早川書房)拡大ダロン・アセモグル&ジェイムズ・A・ロビンソン著『自由の命運――国家、社会、そして狭い回廊』(上下、櫻井祐子訳、早川書房)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

佐藤美奈子

佐藤美奈子(さとう・みなこ) 編集者・批評家

1972年生まれ。書評紙「図書新聞」で記者・編集者をつとめた後、2008年よりフリーランスに。現在、講談社などで書籍編集・ライターの仕事をし、光文社古典新訳文庫で編集スタッフをつとめる。自身の読書の上では吉田一穂、田村隆一といった詩人の存在が大きい。「死と死者の文学」を統一テーマに「古井由吉論」「いとうせいこう・古川日出男論」(各100枚)を『エディターシップ』2、3号に発表。