メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

NEWS、関ジャニ∞、KAT-TUN、2000年代以降のジャニーズ

太田省一 社会学者

 前回は、嵐がデビューしてから国民的人気を獲得するまでのプロセス、そしてその背景にあるジャニーズの大衆化について述べた。今回からは、一つひとつに詳しくふれることはできないが、2000年代以降メジャーデビューしたジャニーズグループをみていく。そのうち今回は、NEWS、関ジャニ∞、KAT-TUNの3グループについて述べてみたい。

実験的グループとしてのNEWS

 嵐以降も、「Jr.黄金期」のJr.がメンバーに入ったグループのメジャーデビューがあった。

 NEWSは、2003年に9人組でCDデビュー。中心となっていたのは山下智久で、そこにすでに関ジャニ8(後に関ジャニ∞に改名)として活動していた錦戸亮など関西からも2名が加わる構成になっていた。また後にロックバンド、ONE OK ROCKのボーカル・TAKAとして有名になる森内貴寛もいた。

 デビューはジャニーズにとって定番化しつつあった「バレーボールワールドカップ」のイメージソング。ただその楽曲「NEWSニッポン」(2003年発売)は、大手コンビニチェーンでの独占販売というかたちがとられ、通常のCDショップなどでは取り扱われなかった。関東と関西のメンバーが混在している点もそうだが、NEWSはジャニーズにおける実験的な要素を感じさせるグループである。

 その難しさもあったのかはわからないが、山下智久と錦戸亮の脱退などがあり、2011年からは小山慶一郎、加藤シゲアキ、増田貴久、手越祐也の4人で活動を続けた。

 増田と手越はそれぞれの特技やキャラクターを生かしてバラエティやドラマなどで活躍し、また「テゴマス」として2人のユニットでの歌手活動もあった(ただし、手越は2020年にジャニーズ事務所を退所)。

 小山と加藤は、“知性派ジャニーズ”とも言うべき立ち位置での活躍が目立つ。小山は『news every.』(日本テレビ系)でキャスターを務め、加藤は小説家として執筆活動を続けている。また2人がメインで世の中の諸問題について自ら取材し、考える異色の社会派バラエティ『NEWSな2人』(TBSテレビ系、2016年放送開始)もある。

「NEWSな2人」(TBSテレビ系)に出演している小山慶一郎(左)と加藤シゲアキ拡大「NEWSな2人」(TBSテレビ系)に出演している小山慶一郎さん(左)と加藤シゲアキさん

 このあたりは、ジャニーズでも高学歴化が進んでいることと無関係ではないだろう。嵐の櫻井翔などもそうだが、さらに最近はSnow Manの阿部亮平のように大学院に進学し、難関とされる気象予報士の資格も取るようなケースも出てきた。そのことが、ジャニーズ全体の活動の幅を広げる要因にもなっている。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

太田省一

太田省一(おおた・しょういち) 社会学者

1960年、富山県生まれ。東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得満期退学。テレビ、アイドル、歌謡曲、お笑いなどメディア、ポピュラー文化の諸分野をテーマにしながら、戦後日本社会とメディアの関係に新たな光を当てるべく執筆活動を行っている。著書に『紅白歌合戦と日本人』、『アイドル進化論――南沙織から初音ミク、AKB48まで』(いずれも筑摩書房)、『社会は笑う・増補版――ボケとツッコミの人間関係』、『中居正広という生き方』(いずれも青弓社)。最新刊は『SMAPと平成ニッポン――不安の時代のエンターテインメント 』(光文社新書)、『ジャニーズの正体――エンターテインメントの戦後史』(双葉社)。

太田省一の記事

もっと見る