メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

「民族共生象徴空間」(ウポポイ)で、アイヌとの「共生」は可能なのか

国立アイヌ民族博物館の歴史展示に、「差別」「偏見」「貧困」の文字はほとんどない

杉田聡 帯広畜産大学名誉教授(哲学・思想史)

 前回、アイヌに関わる「民族共生象徴空間」(以下便宜的に「公園」と略す。愛称ウポポイはアイヌ語で「(大勢で)歌い合う」という意味だという)に併設された慰霊施設に関する問題点を論じた。

 これと並んで問われるべきは、公園の中核施設である「国立アイヌ民族博物館」(以下「博物館」)の展示である。それは6つの分野に分けられている(後述)。いずれも興味深いが、問題が多いのは「歴史」分野である。

国立アイヌ民族博物館の基本展示室拡大国立アイヌ民族博物館の基本展示室=北海道白老町

半数近くがアイヌと言うが

 そもそも展示はどのように決められたのであろうか。

 「一番大事にしたのは、アイヌ民族が展示をつくっていくという原則」だったと、館長(和人)は述べている(朝日新聞2020年7月11日付北海道版)。それを担保するのは、展示方法を決める作業部会の「半数近くが北海道各地のアイヌの人々」である点のようである。だが「歴史」展示に特化した時、この言い分はなりたつのか。

 歴史展示に関係したのは4人(1人は他の分野と併任)であるが、「北海道博物館学芸員」、「北海道博物館アイヌ民族文化研究センター長」、「北大文学部准教授」、「小平(おびら)町教育委員会社会教育課文化係長」のうちに、アイヌが何人いるのであろうか。

 しかもたった4人で、アイヌの全歴史を責任をもって記述できるのであろうか。問題はやはり「明治」以降の歴史だが、これに専門的に関わりえたのは、せいぜい1人か2人であろう。もちろん作業部会の案は上位の「展示検討委員会」で検討されたのであろうが、同委員7人中アイヌ出身者は、私が調べた限り1人にすぎない。

 「国立アイヌ民族博物館」を含む公園の運営者たる「アイヌ民族文化財団」に対しては、日本政府のにらみがきいている。同公園の「運営本部長」である代表理事・副理事長は、元「内閣官房アイヌ総合政策室北海道分室室長」である。副理事長として他に「北海道アイヌ協会常務理事」等も含まれるが、理事20人のうちアイヌは結局6人ていどに限られるようである。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

杉田聡

杉田聡(すぎた・さとし) 帯広畜産大学名誉教授(哲学・思想史)

1953年生まれ。帯広畜産大学名誉教授(哲学・思想史)。著書に、『福沢諭吉と帝国主義イデオロギー』(花伝社)、『逃げられない性犯罪被害者——無謀な最高裁判決』(編著、青弓社)、『レイプの政治学——レイプ神話と「性=人格原則」』(明石書店)、『AV神話——アダルトビデオをまねてはいけない』(大月書店)、『男権主義的セクシュアリティ——ポルノ・買売春擁護論批判』(青木書店)、『天は人の下に人を造る——「福沢諭吉神話」を超えて』(インパクト出版会)、『カント哲学と現代——疎外・啓蒙・正義・環境・ジェンダー』(行路社)、『「3・11」後の技術と人間——技術的理性への問い』(世界思想社)、『「買い物難民」をなくせ!——消える商店街、孤立する高齢者』(中公新書ラクレ)、など。

杉田聡の記事

もっと見る