メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

キューバ現地報告――コロナ禍の中、世界的活躍と生活面への陰りのなかで

板垣真理子 写真家

 キューバに滞在し始めてもうすぐ半年が経過する。最初と最近のそれぞれ1カ月と少しを除き、3カ月以上がコロナ禍の中、宿泊先での待機であった。しかし流れてくるニュース、外国人としての幽閉状態から今に至る待機解除、キューバの人たちの生の現実の動向と、ここにいなければわからない、体験できないことなどを書くことになった。

 しかしその前に、さほど一般的ではないこの国の状況にも触れておかなければ、話は進まない。まずそこから行こう。

3月24日のロックダウン直前の、グランテアトロ前のカラフルな車たち。この活気が戻るのはいつなのか=撮影・筆者拡大3月24日のロックダウン直前、グランテアトロ前のカラフルな車たち。この活気が戻るのはいつになるのか=撮影・筆者

 知る人ぞ知る、医療先進国。コロナ禍が始まる以前から癌の治療薬などの開発も目覚ましく、国交が開かれる以前の米国からも肺癌の治療をしたい人がお忍びで入国していたような国である。

 また、常に世界数十カ国へ医療団を派遣しその地の人々の命を救い続けてきたキューバは、コロナ禍の時代にも活躍しないわけがない。実際に現在、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)に有効とされた既存薬と、開発された新薬は合わせて20種類にも及び、45カ国以上からの援助要請を受け、医療団がその薬とともに出向いている。

 現在10万以上の人々の命を助け、今もその数は増え続けている。中国の武漢に始まり、感染爆発の起きたイタリア、スペインなどのヨーロッパ各国と、アルゼンチンの他、医療の行きわたりにくい中南米やアフリカ各国からの要請も続いた。命をかけた援助を惜しまない医療団に感謝をこめて、今ノーベル平和賞に推す動きが世界各国から起きている。当然とはいえ嬉しいニュースである。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

板垣真理子

板垣真理子(いたがき・まりこ) 写真家

1982年、ジャズ・ミュージシャンの撮影から写真の世界に入る。以後、ナイジェリアをはじめとしたアフリカ、南米、カリブ、アジアなどを取材。著書に、『キューバへ行きたい』(新潮社)、『ブラジル紀行――バイーア・踊る神々のカーニバル』(ブルース・インターアクションズ)、『武器なき祈り――フェラ・クティ、アフロ・ビートという名の闘い』(三五館)など多数。