メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

無料

「21世紀のアフリカ」がもたらす衝撃――世界と日本の未来を考える3冊

駒井 稔 編集者

 最近、大きな歴史的潮流を考えることが難しくなったと若い友人がしきりに嘆いていました。確かに毎日、新型コロナウイルスの感染者数がさかんに報道され、移動の自粛ばかりを言われると、やがて、この病気の流行が終わり、人々が正常な活動を再開した時に、未来の世界がどのように変わっていくのか考える機会が失われている印象は否めません。

 本質的な知見に基づく、未来に向けた洞察があってもいいのではないか。そう考える人々がいるのは自然なことです。個人的には、これから世界で大きな変化を引き起こすことが予想される要素の一つに、アフリカという主題があるのではないかと考えています。

日本人の考え方や行動規範に「なんでやねん!」

 そんな時に、書店でこの新刊『アフリカ出身 サコ学長、日本を語る』(ウスビ・サコ、朝日新聞出版)を手に取りました。著者のウスビ・サコさんは、アフリカのマリ出身。サコさんが学長になるまでの経緯から、コロナの時代の生き方まで、見事な「語り口」で紹介されているのでびっくりします。「なんやねん」はもとより、印象的な「なんでやねん」というフレーズを交えて、ざっくばらんに語られているのは、サコさんの自伝であり、日本論、アフリカ論、そしてヨーロッパ論でもあります。

京都精華大学長に就任したウスビ・サコさん拡大ウスビ・サコ京都精華大学長

 中国への留学を経て、日本に来たサコさんは、中国と日本の違いも十分に理解しています。天安門事件の半年前に、留学先の南京で中国人学生と留学生たちが、衝突する事件にも遭遇。その中国留学中の1990年の夏に初めて日本を訪れますが、ジェットコースターに初めて乗った描写などは抱腹絶倒です。怖さのあまり数キロ先まで届くような大声で叫び続けたというのですから。

 日本に留学することを決め、日本語学校に入学した大阪で、四畳半一間の下宿生活が始まります。大阪の街区は極度に発展しているのに、用を足すのは、なんと、ボットントイレ。最初のバイトは、伝説のディスコ「マハラジャ」のドアマンでした。サコさんの専門は建築設計です。

 そんなサコさんですが、自らの「自由論」の授業で学生たちの自由に対する考え方に驚きます。学生たちに「自由」を実現するための必要な条件は、と問うと、なんと「スクールバスを増やしてほしい」から始まって「授業を減らしてほしい」まで「ほしい」のオンパレード。誰かが自分に自由を与えてくれると誤解しているとサコさんは思う。ここは、本書に秀抜な解説を書いている内田樹さんも取り上げている印象的な箇所です。

 本書でも引用されているように、総務省の推計では2050年には日本の人口は9500万人に減少、うち40パーセントが65歳以上の高齢者になると予想されています。サコさんは、同時にこの時期に、世界の人口100億人の4分の1に相当する25億人以上がアフリカに居住、さらには、都市人口の半分くらいがアジアの諸都市で生活する予測を紹介します。

 このような認識を背景に、サコさんは、これからの時代の真のグローバル教育は、いわゆる英語教育などではなく、アフリカやアジアの地域との関わりを考えることだと言います。日本人にとって、なかなか困難な課題であることは確かですが、サコさんのように、アフリカから来た教育者だからこその、未来への提言であると思います。

 だらだらできないような国民性、常に将来につながることをやっていないとダメだという空気。何かの役に立っていなければ生きられないようなプレッシャー、就職が全てだという思い込みや、社会のシステム。それらのことと、引きこもりや自殺というのは、全てつながっているのではないか。
 日本人よ、もっと肩の力を抜こうぜと、私は言いたい。

 「なんでやねん!」というサコさんの声が聞こえてきます。しかし、深く日本文化に根差した考え方や行動規範を根本から変革することは可能でしょうか。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

駒井 稔

駒井 稔(こまい・みのる) 編集者

1979年、光文社入社。1981年、「週刊宝石」創刊に参加。1997年に翻訳編集部に異動になり、書籍編集に携わる。2004年に編集長。2年の準備期間を経て2006年9月に古典新訳文庫を創刊。「いま、息をしている言葉で」をキャッチフレーズに古典の新訳を刊行開始。10年にわたり編集長を務めた。筋金入りの酔っ払いだったが、只今禁酒中。1956年、横浜生まれ。