メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

落合恵子さん 子どもたちと本との〝架け橋〟になって……

子どもの本の専門店「クレヨンハウス」を主宰して40年余。ENEOS児童文化賞受賞

梓ゆかせ フリーライター

 子どもの本専門店「クレヨンハウス」(1976年創業)主宰者で、作家の落合恵子さん(75)に「第55回ENEOS児童文化賞」が贈られることになった。1966年創設の歴史ある賞。半世紀近くも子どもたちと本との〝架け橋〟になってきた功績が高く評価された。

 今は〝本離れ〟が叫ばれる時代だ。一向に収まる気配がない新型コロナ禍の中で、落合さんが改めて実感したのは、子どもたちにとっての「読書体験の大切さ」だった。

拡大落合恵子さん ©神ノ川智早

落合恵子 おちあい・けいこ
1945年1月、栃木県出身。明治大学文学部卒。67年、ラジオ局「文化放送」に入社し、深夜放送「セイ!ヤング」のパーソナリティーなどとして人気を呼ぶ。76年、子どもの本専門店「クレヨンハウス」を創設。その後、安全な玩具や化粧品、野菜などの販売や、オーガニックレストランを開き、情報発信基地となる。最近の著書に「泣きかたをわすれていた」「明るい覚悟 こんな時代に」(9月刊行)など。98年、エイボン女性年度賞功績賞受賞。

「絶え間ないストレス」を感じるコロナの日々

 「毎朝、起きると気持ちが良くない。(コロナの感染者数が)明日はもっと増えるかもしれないと思うとイヤになる。何ら有効な手を打てないままに時間が過ぎてゆく…『絶え間ないストレス』を感じています。なぜこんな大事な時期に国会を閉じちゃったのか? 政治家はもっと真剣に、ひとりひとりの生命と安全を守るために全力を尽くしてもらいたいと思う」

 感染拡大が止まらない新型コロナウイルス。無為、無策の国や自治体の対応に怒りが収まらない。不十分な情報開示、他国に比べて少ないPCR検査数、対策費の使い方にも不信感は募る。

 「私のところにも、たくさんのシングルマザーから相談が寄せられています。非正規雇用が多く、仕事を無くしたりして、食べるにも困っているんです。どの社会に生まれたかで人生が変わってしまうなんて、子供っぽい言い方になりますが、それを『無念』に思いますね」

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

梓ゆかせ

梓ゆかせ(あずさ・ゆかせ) フリーライター

1968年京都市出身 地方紙記者から、フリーライターへ。事件、スポーツ、芸能・文化などの分野で執筆活動を行う。