メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

「治療よりも仕事を優先したい」のはいけないことなのか?

薬剤師が主役のドラマ「アンサング・シンデレラ」から考える「医療」と「生活」

牛山美穂 大妻女子大学准教授(文化人類学、医療人類学)

 前稿で紹介したドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」(フジテレビ系)の第3話には、病気を抱えた小学校教師、新田奏佑(浅利陽介)が登場する。彼は情熱をもって小学校教師を務めていたが、病気から毎週3回、血液透析に通わなくてはならず(透析には1回4時間かかる)、自分の満足のいくように仕事に打ち込めないことに辛い気持ちを抱えていた。

ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」(フジテレビ系)拡大「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」(フジテレビ系)=カンテレ提供

 彼には、「治療よりも仕事を最優先したい」という気持ちがあり、吐き気を伴う薬をあえて服薬しなかったり、腎機能障害をもつ患者は飲んではいけない栄養ドリンクをたくさん飲んだりしながら、教師としての仕事を何とか務めていた。

 また、新田は、いつも透析をした後、夜間営業しているドラッグストアで、深夜11時過ぎに薬を処方してもらうのが常なのだが、そのドラッグストアに勤める薬剤師の小野塚綾(成田凌)は、新田が食前に飲まなければならない薬を食後の薬と一緒にひとまとめにして1回分として袋に包装していたり、薬の効き方が変わってしまうため、本当は半分に割って処方してはいけない20mgの薬を半分に割って10mgの薬として処方したりしていた。

 そんな中、新田は授業中に倒れてしまい病院へ搬送され、薬剤師の葵みどり(石原さとみ)が勤める病院に入院することになる。そこで、葵は新田が処方されている薬を見て、いい加減な薬の出し方に気が付き、ドラッグストアに電話をかけ(さらに後日直接出向き)、小野塚と口論を交わす。すると、薬剤師の小野塚は、新田が透析のために時間がなくて忙しいことを考慮して、たまたま在庫を切らしていた10mgの薬を後日わざわざ新田に取りにきてもらうのは大変だろうからと、薬の効き方が変わってしまうのはわかっていたうえで20mgの薬を半分に割って処方していた、と話す。

 ここでは、「正しい服薬」をしてほしい葵と、現実的なさまざまな事情からそれが患者にとっては難しいだろうと考えている小野塚の意見がぶつかり合うことになる。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

牛山美穂

牛山美穂(うしやま・みほ) 大妻女子大学准教授(文化人類学、医療人類学)

大妻女子大学人間関係学部人間関係学科社会学専攻准教授。千葉県生まれ。早稲田大学大学院文学研究科修士課程修了後、イギリスに渡りUniversity College London医療人類学コース修士課程修了。早稲田大学大学院文学研究科博士号(文学)取得。専門は文化人類学、医療人類学、ジェンダースタディーズ、カルチュラル・スタディーズ。現在の主な研究テーマは、医師と患者の関係、自助グループ、アトピー性皮膚炎をめぐる問題。主な著書に『ステロイドと「患者の知」:アトピー性皮膚炎のエスノグラフィー』(新曜社、2015年)など。

牛山美穂の記事

もっと見る