メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

高層ビルが並ぶ釜山のビーチで思ったこと

「まさかここがこんなに発展するとはなあ……」という日本語が聞こえてきて

ミン・ヨンチ ミュージシャン 韓国伝統音楽家

 今日は、久々の釜山。韓国第二の都市に来た。

 そして、これまた、久々の釜山市立国楽管弦楽団。Odysseyという私が作曲したチャングと国楽管弦楽とのコンチェルトがあるのだが、それを演奏することになった。

拡大コンサートのチラシ。題名を直訳すると「かき氷のような涼しいコンサート」。韓国語のニュアンスでは、ベタなギャグの入った題名のようにも思える。そういう感覚も大阪と似ているのかもしれない

 この時期に、ありがたい。

 今日はまだ、8月中旬、そしてあいにくの雨……。それもザーザー降りの大雨。今年の日本もそうであった、あの長期の梅雨が、そう、まだ韓国では続いているのです……「もうエエわ!」というくらい降りますね、今年の雨は、ホントに。

ソウルと釜山、東京と大阪

 ソウルと釜山は、日本で考えると、東京と大阪に似ている。

 距離も450kmくらい離れている。どちらも新幹線かKTX(韓国の超高速鉄道)で2時間半くらい。

 そして言葉の方言も似ている。ソウルは東京に似ていて、おとなしく少し女子っぽい気がする。それに比べて、釜山は大阪に似ていて、荒っぽく男っぽい。食べ物もそうかもしれないし、いろいろな文化の面でも、ソウルと釜山はまるで関東と関西を見ているような気になる。

 そんな釜山、街を歩いてみるだけで、ソウルよりも日本文化が沢山あるのを垣間見ることができる。

 繁華街には日本のラーメン屋、居酒屋、カレー屋さん、お寿司屋さんがいっぱい。地理的に近い影響もあるかもしれないが、釜山の人たちは日本が大好き!!

 航空便も船便もたくさんあるからね。たくさんの方たちが日本と韓国を行き来しています。

 日本で私の耳に聞こえる、韓国人旅行者たちの会話も、釜山の方言が結構多い。

拡大ESB Professional/Shutterstock.com

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

ミン・ヨンチ

ミン・ヨンチ(閔 栄治) ミュージシャン 韓国伝統音楽家

大阪生まれ。幼少の頃からブラスバンドやドラムを経験し、高校から韓国へ。旧李王朝雅楽部養成所であった国立国楽高等学校に入学、ソウル大学音楽学部国楽科卒。1992年サムルノリ競演大会個人部最優秀賞。1992年国楽室内管弦楽団「スルギドゥン」に入団。1993年スーパー・パーカッション・グループ「PURI」創団メンバー。イ・ムンセ(歌手)のテレビ番組にも出演。現在も韓国伝統音楽とジャンルの違う音楽とのコラボレーションに活動中で、2009年に立ち上げた公演「新韓楽」ではジャズとコラボ―レーションした。日韓両国で数多くの公演。アルバム「HANA」(2015年/ユニバーサルミュージック・ジャパン)をリリース。ライブでは日本全国3万人を動員。国楽管弦楽の作曲にも力を入れ、2014年韓国文化芸術委員会で作曲賞受賞。「大衆に楽しんで聞いてもらえる楽曲作り」を目指す。現在、韓国芸術総合大学、梨花女子大学、秋藝芸術大学講師。

ミン・ヨンチの記事

もっと見る