メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

無料

 7月半ばのある日、携帯が鳴る。知らない番号からだ。

 「KBSTVの作家ですが、ミンヨンチさんですか?」

 「はい」

 「KBSTV1の8月15日の音楽特番に出演していただきたいのですが、いかがでしょうか?」

 ん?? なんで、私に? とも思ったがめったにない機会だし、二つ返事で「スケジュール大丈夫です。よろしくお願いします!」。

 KBSとは韓国の国営放送局であり、地上波チャンネルもいくつかあり、デジタルチャンネル、ラジオと韓国で1番大きい放送局で、日本でいえば、NHKと日テレをたしたみたいな放送局です。

 そのKBSTV1の8月15日の音楽特番となると、これは大きな番組に間違いない。シメシメ。

 普段、劇場での公演は沢山するのものの、大体が何かの行事で演奏しているのを撮られてのTV放送か、インタビュー的におしゃべりするのが大概なわけで。でも今回はメインで演奏ができるということでいつになく気合が入る……。(8.15KBS音楽特番の動画は記事末尾に!)

拡大本番の舞台。KBSホール。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

ミン・ヨンチ

ミン・ヨンチ(閔 栄治) ミュージシャン 韓国伝統音楽家

大阪生まれ。幼少の頃からブラスバンドやドラムを経験し、高校から韓国へ。旧李王朝雅楽部養成所であった国立国楽高等学校に入学、ソウル大学音楽学部国楽科卒。1992年サムルノリ競演大会個人部最優秀賞。1992年国楽室内管弦楽団「スルギドゥン」に入団。1993年スーパー・パーカッション・グループ「PURI」創団メンバー。イ・ムンセ(歌手)のテレビ番組にも出演。現在も韓国伝統音楽とジャンルの違う音楽とのコラボレーションに活動中で、2009年に立ち上げた公演「新韓楽」ではジャズとコラボ―レーションした。日韓両国で数多くの公演。アルバム「HANA」(2015年/ユニバーサルミュージック・ジャパン)をリリース。ライブでは日本全国3万人を動員。国楽管弦楽の作曲にも力を入れ、2014年韓国文化芸術委員会で作曲賞受賞。「大衆に楽しんで聞いてもらえる楽曲作り」を目指す。現在、韓国芸術総合大学、梨花女子大学、秋藝芸術大学講師。

ミン・ヨンチの記事

もっと見る