メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

日傘と半ズボンは熱中症から男性を守る

「スーパークールビズ」に半ズボンを含めよ

杉田聡 帯広畜産大学名誉教授(哲学・思想史)

 今年はすさまじい猛暑の日が続き、連日、熱中症患者が続出していると報じられてきた。搬送された人の多くは冷房のない室内にいた高齢者が多いようだが、当然ながら、炎天下に外を歩く、あるいは外ですごす場合にも十分な配慮をほどこさなければ、熱中症にかかる危険性は今後も大きい。

 これに対して、どのような対処ができるのか。ここでは男性について考えたい。

#Ku Too運動の広がり

 昨年(2019年)から、#Me Too運動にひっかけた#Ku Too運動が、広がりを見せた。

#KuTooの署名サイト拡大職場でのハイヒールやパンプス強制に反対する#Ku Too運動の署名サイト

 ここで問われたのは、接客系などの職場で女性に強いられるハイヒールやパンプス(ヒールがあり足の甲が覆われない女性用の靴)だったが、まず言えば、ジェンダーを問題化する各種運動の流れからすれば、一般に女性のものとされ、多かれ少なかれ女性が幼い頃から身に着けさせられるスカートについての各人の選択権も、当然尊重されなければならないだろう。

 例えば制服としてのスカートは、以前から話題とされてきた。すでに2003年には北海道の高校で、冬の寒さしのぎを目的にズボン着用が許された例がある(朝日新聞2003年11月29日付)。最近では、「動きやすさ」の観点から、ズボンを選択できるようにする流れが生まれている(同2019年1月30日付)。また、トランスジェンダー等の「性別表現の自由」という観点からも(同2020年1月13日付)、他のもろもろの観点――性被害、機能性、寒さ、脚を見せることへの忌避感等――からも(同2020年3月3日付)、制服問題が取り上げられるようになっている。

 おそらく同種の問題は、中高生の制服に限らず、今後より広く問われるようになるだろう。

男性にとっての#Ku Too

 女性に関わる問題はこれ以上論じない。ここではむしろ、現今の猛暑下での男性にとっての大いなる「苦痛」を問題にしたい。

 今、男性は非常に暑い思いをしている。私が見るところ、それは、

(1)日傘をさすことに対して奇異な目を向けられる(男性自身がそのような目を内面化している)こと
(2)職場等の「公的」(公務に関わるという意味ではなく、私的な行動ではないという意味で)な場面では半ズボン着用が許されないこと

 この2つに、由来する。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

杉田聡

杉田聡(すぎた・さとし) 帯広畜産大学名誉教授(哲学・思想史)

1953年生まれ。帯広畜産大学名誉教授(哲学・思想史)。著書に、『福沢諭吉と帝国主義イデオロギー』(花伝社)、『逃げられない性犯罪被害者——無謀な最高裁判決』(編著、青弓社)、『レイプの政治学——レイプ神話と「性=人格原則」』(明石書店)、『AV神話——アダルトビデオをまねてはいけない』(大月書店)、『男権主義的セクシュアリティ——ポルノ・買売春擁護論批判』(青木書店)、『天は人の下に人を造る——「福沢諭吉神話」を超えて』(インパクト出版会)、『カント哲学と現代——疎外・啓蒙・正義・環境・ジェンダー』(行路社)、『「3・11」後の技術と人間——技術的理性への問い』(世界思想社)、『「買い物難民」をなくせ!——消える商店街、孤立する高齢者』(中公新書ラクレ)、など。

杉田聡の記事

もっと見る