メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

菅首相の「女性活躍させる気なし」がバレバレで超絶望

メインストリームにない視点が、「縦割り」「既得権益」「前例主義」を動かしていく

矢部万紀子 コラムニスト

 菅義偉さんが日本の総理大臣になり、菅内閣がスタートした。女性活躍担当大臣は、安倍晋三内閣から再任された橋本聖子さんが担当する。でも橋本さんは、「五輪担当大臣」と紹介されることが多い。まあ、どう考えてもメインはそっちだ。そうそう「1億総活躍担当大臣」というポストもあって、初入閣の坂本哲志さんという人がなった。坂本さんは「男性活躍」を担うのだろうか。

 などと書いたのは、あてこすりだ。菅首相に絶望してるから、あてこすった。彼の元では、女性が活躍する社会は絶対に来ない。選択的夫婦別姓制度など、私が生きている間には絶対実現しない。そう確信した。59歳の私が平均寿命(2019年=女性87.45歳)まで生きるなら、あと28年。あー、もう無理無理、絶対無理。それくらい絶望している。

菅義偉新首相(前列中央)と閣僚たち拡大菅内閣で女性閣僚は2人だけ

 9月12日、日本記者クラブでの「自民党総裁選立候補者討論会」をテレビ中継で見た。「女性活躍社会」は2度話題になり、3人の考えがわかった。結論から言うと、石破茂さんが3人の中で一番ちゃんと考えていた。続いて、すっごく差があるが岸田文雄さん。最後がこれまたすっごく差があって菅さんで、ほぼ何も考えてなかった。で、考えてない人の圧勝。政策より派閥。わかっていたけれど、力が抜ける。

 まあ、この問題に限らず、「負けを覚悟の挑戦者」と「次につなげるための人」と「黙ってても勝てる人」だ。挑戦者は先鋭的になり、次につなげる人は優等生的になるし、勝てる人は文字通り黙っているのが何よりだ。という構図は理解しているが、それにしても、菅さんの女性活躍論はひどかった。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

矢部万紀子

矢部万紀子(やべ・まきこ) コラムニスト

1961年生まれ。83年、朝日新聞社に入社。宇都宮支局、学芸部を経て、週刊誌「アエラ」の創刊メンバーに。その後、経済部、「週刊朝日」などで記者をし、「週刊朝日」副編集長、「アエラ」編集長代理、書籍編集部長などをつとめる。「週刊朝日」時代に担当したコラムが松本人志著『遺書』『松本』となり、ミリオンセラーになる。2011年4月、いきいき株式会社(現「株式会社ハルメク」)に入社、同年6月から2017年7月まで、50代からの女性のための月刊生活情報誌「いきいき」(現「ハルメク」)編集長をつとめた後、退社、フリーランスに。著書に『美智子さまという奇跡』(幻冬舎新書)、『朝ドラには働く女子の本音が詰まってる』(ちくま新書)。最新刊に『雅子さまの笑顔――生きづらさを超えて』(幻冬舎新書)

矢部万紀子の記事

もっと見る