メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

〝昭和の歌姫〟がうたい遺した鎮魂の反戦歌 その2

【28】美空ひばり「一本の鉛筆」

前田和男 翻訳家・ノンフィクション作家

 それにしても、なぜ〝昭和の歌姫〟は昭和が終わろうとするとき、自らに死がしのびよるなか広島まで出かけていき、楽屋にベッドを持ち込んで点滴を打ってまで、「一本の鉛筆」をうたったのか? そして、さながら遺言のごとく「ベスト10」の6番目にこの唄を挙げて彼岸へと旅立ったのか?

 ここからは、美空ひばりが死を前にして「一本の鉛筆」にそこまでこだわった心奥にひそむ想いについて迫ってみたい。

〝昭和の歌姫〟がうたい遺した鎮魂の反戦歌 その1

〝反戦〟の原点は父の出征と横浜大空襲

拡大美空ひばりの父が営み、いとこが引き継いだ魚屋「魚増」=2010年12月13日 、横浜市磯子区

 その手がかりの核心となるのは、すでに多くの関係者と評論家も指摘しているように、ひばり自身の生身の戦争体験にあることは間違いあるまい。改めて複数の史資料をつきあわせて検証してみると、ひばりの〝反戦〟の根っこにある原体験とは、概ね以下のとおりである。

 1943(昭和18)年6月、鮮魚商を営む父親・増吉のもとに「赤紙」が届いた。流行歌のレコードを聴くのが趣味の父の影響で〝のど自慢〟に育った6歳の娘は、父親の壮行会で軍国歌謡「九段の母」をうたい、集まった者たちを感涙にむせばせた。これが評判を呼び、以来、近所で壮行会が開かれるたびに「小さな慰問歌手」として声がかかるようになり、これが終戦直後の「天才少女歌手」誕生の原点となった。

 もう一つひばりの〝反戦〟の核となったのは、父の出征から2年後の1945(昭和20)年5月29日の朝、横浜市域をおそった空襲である。くしくもひばり8歳の誕生日であったことがさらに〝戦争嫌い〟をひばりの心層深くに刻印することになった。

 米第21爆撃機集団所属のB29編隊517機がマリアナ基地から飛来。午前9時頃から午後10時30分頃にかけて投下された焼夷弾は3月10日の東京大空襲の1.5倍の約44万発(約2万6000トン)、罹災家屋約8万戸、死傷者・行方不明者は確認された数字で約1万4000名だが実数はその数倍ともいわれる。横浜の市街地は猛火により焦土と化し31万人超が焼け出された。

 ひばりも実家があった横浜市磯子区で空前の厄災に遭遇したが、父が出征したあと母親がつくった自家用防空壕に入って辛うじて難を逃れることができた。しかし、近所の家が焼夷弾を浴びて燃え上がり、B29が撃墜されて落下するのを目の当たりにした恐怖の体験を、「その光景は、今でもありありと思い出す」と書き記している。

唄:「一本の鉛筆」唄・美空ひばり
 作詞:松山善三、作曲:佐藤勝
時:1974(昭和49)年
場所:広島市/横浜市磯子

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

前田和男

前田和男(まえだ・かずお) 翻訳家・ノンフィクション作家

1947年生まれ。東京大学農学部卒。翻訳家・ノンフィクション作家。著作に『選挙参謀』(太田出版)『民主党政権への伏流』(ポット出版)『男はなぜ化粧をしたがるのか』(集英社新書)『足元の革命』(新潮新書)、訳書にI・ベルイマン『ある結婚の風景』(ヘラルド出版)T・イーグルトン『悪とはなにか』(ビジネス社)など多数。路上観察学会事務局をつとめる。

前田和男の記事

もっと見る