メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

愛されるより恐れられよ…『君主論』(マキャベリ)は政治家のバイブルか

菅首相が引用したことが話題に。目的のためならどんな手段も肯定される政治観の真実

三浦俊章 朝日新聞編集委員

 「哀れみ深いよりも残酷でなければならない」「約束を破ってもかまわない」「愛されるよりも恐れられるほうが望ましい」。これらは、君主(権力者)はどう振る舞うべきかとの問いに、ルネサンス人マキャベリが500年前に与えた回答である。目的のためならどんな手段も肯定される政治観だと受け止められ、後世の評判は甚だ悪い。そのマキャベリを、新たに就任した菅義偉首相が引用したことが話題になっている。はたして、マキャベリは現代の政治家の指針になりえるのか。マキャベリの主著『君主論』を読み解いてみよう。

 ニコロ・マキャベリ(1469~1527)は近代初頭に、イタリアの都市国家フィレンツェに生まれた。当時のイタリアは、ルネサンス(文芸復興)、すなわちギリシャ・ローマの古典文化の復興を目指す運動のまっただなかにあった。

 マキャベリはフィレンツェ共和国の官僚政治家として活躍した。だが、彼が43歳のときにその共和政が倒れ、外交や軍事を担当する書記官の職を解かれてしまう。その後の長い不遇の時期に、自分の政治経験をもとに書き下ろしたのが『君主論』だった。

拡大高台からフィレンツェをのぞむ=2015年、丸山ひかり撮影

邪悪な人物、策略家のレッテル

 マキャベリは何を説いたのか。今日の一般的理解は次のようなものだ。

 「『君主論』によれば、政治は道徳や宗教とは独立に、人間社会の現実を熟知したうえでなさなければならない。とくに君主は、強さとずる賢さを備えるべきで、信義を守り、公明正大な君主よりも、奸策(かんさく)を用い、人々から怖れられる君主のほうが大事業をなしとげると主張する。あくまで現実に即した人間像を提示した点で、これもルネサンス・ヒューマニズムの帰結のひとつなのである」(『高等学校 新倫理 新訂版』、清水書院)

拡大マキアヴェリ『新訳 君主論』(池田廉訳、中公文庫、800円税別)
 近代政治学の祖としてのマキャベリ像である。小国家が分立する乱世のイタリアという当時の時代環境の中で書かれた本なのだが、『君主論』もその著者も、その歴史的文脈を離れて論じられるようになる。

 宗教戦争の残虐な殺戮(さつりく)の裏にも、マキャベリの『君主論』があると非難された。『君主論』は独裁者の悪しき統治を肯定した本とみなされ、各地で禁書扱いされた。マキャベリ自身も、邪悪な人物、策略家としてのレッテルを貼られた。

 その後、19世紀にイタリアが統一されると、マキャベリが近代イタリア国家を予見していたかのように思われたこともあったが、総じて、マキャベリは悪名高い存在だ。今日、「マキャベリズム」とは、目的のために手段を選ばない手法のことである。「マキャベリスト」と言われて、喜ぶ政治家はまずいないだろう。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。