メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

杉田水脈議員のトンデモ発言は贔屓してくれる先生の真似っこ

「勉強より一強」で増長した生徒に対して新校長は……

矢部万紀子 コラムニスト

 杉田水脈衆院議員のこと、自民党はどうしようとしているのだろうか。

 二階俊博幹事長が超不機嫌そうに、「こういうことはそんなに大げさに騒がない方がいいんです。ご本人が『そういう発言はしていない』と言ってるわけでしょ」と述べる。これなど、かなり予測される展開だったりする。

 ちなみに、「こういうことはそんなに大げさに騒がない方がいいんです」は2018年、杉田さんが月刊誌「新潮45」で同性カップルを念頭に「子供を作らない、つまり『生産性』がない」と書いた時の二階幹事長の対応だ。この時、杉田さんは党から「今後、十分に注意するよう」にと指導されたのだが、全く進歩していなかった。

「女性は噓をつく」発言を否定し続ける杉田水脈衆院議員拡大「女性はいくらでもうそをつく」発言を否定し続ける杉田水脈衆院議員

 9月25日、党本部での会議の席で、女性への暴力や性犯罪に関して「女性はいくらでもうそをつけますから」と発言した。その日の13時過ぎに共同通信が速報している。記事を読むと、「杉田氏は会議後、記者団に『そんなことは言っていない』と述べて発言を否定したが、会議に参加した複数の関係者から、杉田氏の発言が確認された」とある。

 9月27日付の朝日新聞朝刊も「女性への性犯罪に絡んで『女性はいくらでもウソをつける』と発言したと、会議の出席者が証言した」と報じている。元新聞記者として、これはもう、「杉田さん、完全にクロだな」と思う。本人が否定しても揺るがない、確かな証言があるという書き方を複数の社がしている。それは言ったということだと思う。

 このことを前提に、ここからの原稿を書いていく。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

矢部万紀子

矢部万紀子(やべ・まきこ) コラムニスト

1961年生まれ。83年、朝日新聞社に入社。宇都宮支局、学芸部を経て、週刊誌「アエラ」の創刊メンバーに。その後、経済部、「週刊朝日」などで記者をし、「週刊朝日」副編集長、「アエラ」編集長代理、書籍編集部長などをつとめる。「週刊朝日」時代に担当したコラムが松本人志著『遺書』『松本』となり、ミリオンセラーになる。2011年4月、いきいき株式会社(現「株式会社ハルメク」)に入社、同年6月から2017年7月まで、50代からの女性のための月刊生活情報誌「いきいき」(現「ハルメク」)編集長をつとめた後、退社、フリーランスに。著書に『美智子さまという奇跡』(幻冬舎新書)、『朝ドラには働く女子の本音が詰まってる』(ちくま新書)。最新刊に『雅子さまの笑顔――生きづらさを超えて』(幻冬舎新書)

矢部万紀子の記事

もっと見る