メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

無料

『ペリリュー 楽園のゲルニカ』――戦争体験が失われる時代のリアリティー

大槻慎二 編集者、田畑書店社主

 この夏は何よりもコロナ、それと東京オリンピックの延期や安倍首相辞任などで記憶されると思うが、とりわけ「戦争」について語られる機会が多かったと感ずるのは個人的な見解に過ぎないだろうか。データをとったわけではないが、テレビや新聞、随所で行われるイベントの中に戦争をテーマにしたものが例年に比べて多かった気がする。

 前回の節目だった「戦後70年」では政権与党が「村山談話」を継承するかどうかに注目が集まった。結果、政治案件的な性格が強かったが、75年目の今年はいよいよ人口の2割を切ったと言われる「戦争経験者」の不在が実感として迫っており、そのことがわれわれの深層に働きかけているのかもしれない。

 そんな夏の終わり(といってもまだ十分暑かったが)、東京・台東区の銀座線田原町駅近くにある書店〈Readin' Writin' BOOKSTORE〉にお邪魔した。毎日新聞記者だった落合博さんが定年前に会社を辞め、3年前にオープンした個性的な書店である。

 目的はここで定期的に行われている「聡子の部屋」というトークイベントに参加するためだった。ジェンダー・フェミニズム研究を専門としている気鋭の社会学者、梁・永山聡子(ヤン・ナガヤマサトコ・チョンジャ)さんが「いま会いたい」人をゲストに迎えて話を聴くというこの連続イベントには以前から興味を唆(そそ)られていたが、日本近代軍事史の研究で知られる吉田裕さんがゲストの今回、ようやく参加することができた。

東京・台東区の銀座線田原町駅近くにある書店〈Readin' Writin' BOOKSTORE拡大トークイベント「聡子の部屋」。吉田裕さん(左)と梁・永山聡子さん=2020年8月21日、東京・台東区の「Readin' Writin' BOOKSTORE」

 そしてこの機会に不覚にも未読だった中公新書のベストセラー『日本軍兵士――アジア・太平洋戦争の現実』を読み、深い感銘を受けた。これは凄い本だ。そのことは後述するが、まずは「聡子の部屋」である。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

大槻慎二

大槻慎二(おおつき・しんじ) 編集者、田畑書店社主

1961年、長野県生まれ。名古屋大学文学部仏文科卒。福武書店(現ベネッセコーポレーション)で文芸雑誌「海燕」や文芸書の編集に携わった後、朝日新聞社に入社。出版局(のち朝日新聞出版)にて、「一冊の本」、「小説トリッパー」、朝日文庫の編集長を務める。2011年に退社し、現在、田畑書店社主。大阪芸術大学、奈良大学で、出版・編集と創作の講座を持つ。フリーで書籍の企画・編集も手がける。