メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

無料

「歩き」「読み」「書いた」人――池内紀さんの本の世界

松本裕喜 編集者

 去年(2019年)の夏、新聞で池内紀さんの死亡記事を目にしたときは本当にびっくりした。早寝早起き、スポーツマンタイプの人で、年寄りくささを感じさせることはなく、こんなに早く亡くなる人とはとても思えなかったからだ。

 池内さんは自分の死が近いことを予期していた。というのは、『記憶の海辺――一つの同時代史』(青土社、2017年12月)で、「自分に許されたひとめぐりの人生の輪が、あきらかにあとわずかで閉じようとしている。そのまぎわに何とか書き終えた」と記しているからだ。

 『池内紀の仕事場』全8巻(みすず書房、2004~05年)を出した時にも考えるところがあったのだろうか。『カフカ小説全集』の最終巻の翻訳を終える直前に首が回らなくなり、医者から首の筋がずれていると診断されていたという(『無口な友人』みすず書房、2003年)。

池内紀さん=2017年、撮影・工藤隆太郎拡大池内紀さん=2017年、撮影・工藤隆太郎

 全集みたいなものはこれから出るのだろうか。出ないだろう。世紀末ウィーンやカフカに始まって、カール・クラウス、ゲーテ、カント、グラス、ジュースキントにいたるドイツ語圏文化の翻訳と紹介、山登りから温泉めぐり、町歩きまでの旅のエッセイ、学者・作家・画家から芸人までの人物エッセイ・評伝、名作童話から時代小説までの文学評論と、池内さんには膨大な著作があり、網羅的な全集・著作集は出しようがないからだ。

 それでは『池内紀伝』のような評伝は出るだろうか。出ないだろう。ドイツ文学者でも誰でも、池内さんの知的好奇心というか幅広い雑学は手に余って書きようがないだろうから。

 昨年秋以降、それまでに読んでなかった池内さんの本を何冊か手に取ってふと思った。この人は西行や芭蕉の系譜に連なる旅の詩人として生きたのではないか、と。

 ともあれ、一読者としての恩返しの意味も込めて、この機会に池内さんの本の魅力のあれこれを紹介してみようと思う。

『無口な友人』みすず書房拡大池内紀さんから送られた『無口な友人』(みすず書房)=筆者提供
本の、はさまれていた手紙拡大本にはさまれていた手紙=筆者提供

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

松本裕喜

松本裕喜(まつもと・ひろき) 編集者

1949年、愛媛県生まれ。40年間勤務した三省堂では、『日本の建築明治大正昭和』(全10巻)、『都市のジャーナリズム』シリーズ、『江戸東京学事典』、『戦後史大事典』、『民間学事典』、『哲学大図鑑』、『心理学大図鑑』、『一語の辞典』シリーズ、『三省堂名歌名句辞典』などを編集。現在、俳句雑誌『艸』編集長。本を読むのが遅いのが、弱点。