メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

必見! 黒沢清『スパイの妻<劇場版>』――映画内映画、箱、廃墟など

藤崎康 映画評論家、文芸評論家、慶応義塾大学、学習院大学講師

 前回ではおもに『スパイの妻<劇場版>』の物語構成や人物設定について論じた。今回は作中で反復、変奏されるいくつかのモチーフや仕掛け、たとえば<映画内映画>や<箱状>の小道具が、どのように物語を活気づけているのかを見ていこう。

黒沢清『スパイの妻<劇場版>』 ©2020 NHK, NEP, Incline, C&I/10月16日(金)より全国公開拡大黒沢清『スパイの妻<劇場版>』の聡子(蒼井優) ©2020 NHK, NEP, Incline, C&I/10月16日(金)より全国公開/配給:ビターズ・エンド/配給協力:『スパイの妻』プロモーションパートナーズ

 前回も触れたように、主人公の聡子(蒼井優)の夫である福原物産の社長・福原優作(高橋一生)は、熱心なアマチュア映画作家でもあり、彼の撮影した映画が作中で<映画内映画>として映写される。そしてこれも前回触れた、満州の或る研究施設での光景を撮影した「記録フィルム」のほかに、優作は聡子が女スパイに扮するモノクロの劇映画を撮影している。

 そのスパイ映画の撮影と映写の光景が、冒頭まもなくの福原物産の倉庫のシーンで描かれるが、仮面をつけた女スパイ/蒼井優が金庫を開けた瞬間、背後から竹下文雄(坂東龍汰)演じる男に摑みかかられ仮面を剥がされる。そこで優作はカットの声をかけ、二人の演者に撮り直しを告げる――。

 いわば起承転結の「起」の時点で、唐突に描かれるこの奇妙な場面は、観客の心をざわつかせる。なぜか? まず言えるのは、始まったばかりの『スパイの妻』という映画で、スパイ(の嫌疑をかけられる男)の妻・聡子を演じるはずの蒼井優のほうが、映画内映画で仮面をつけたスパイ役として登場するから、観客はいくぶん幻惑されながらスクリーンに見入るのだ。

 しかし、それだけではない。というか、それと関わって、そこでは、<映画を観ること>についての、より本質的な機微に触れる何かが、観客の心に働きかけるのではないか――。

 そもそも<映画内映画>とは、映画の中に入れ子状に挿入されたもう1本の映画だ。その点で<映画内映画>は、虚構内の虚構(あるいは虚構以上の虚構)であり、いわば映画を二重化する仕掛けである。

 そして、『スパイの妻』の中の劇映画は、主演を務めるのが聡子/蒼井優自身であるゆえ、聡子の像/イメージそれ自体が二重化され、分裂し、観客の知覚をいくぶんか攪乱するのだ(<映画内映画>ないしイメージの二重化は、「なんでもあり」の前衛的な「アート・フィルム」ではなく、オーソドックスなジャンル映画内で描かれたほうが、ジャンルという制約がプラスに働くぶん、より蠱惑(こわく)的なものとなる。それは鈴木清順監督のシュールな映像(物語を断ち切るように不意に出現する赤、青、黄の原色画面など)が、後期の奇想天外な「アート・フィルム」においてより、日活の雇われ監督時代に撮ったヤクザ映画やアクション映画の中で唐突に出現するほうが、より強いインパクトを持つことと似ている)。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

藤崎康

藤崎康(ふじさき・こう) 映画評論家、文芸評論家、慶応義塾大学、学習院大学講師

東京都生まれ。映画評論家、文芸評論家。1983年、慶応義塾大学フランス文学科大学院博士課程修了。著書に『戦争の映画史――恐怖と快楽のフィルム学』(朝日選書)など。現在『クロード・シャブロル論』(仮題)を準備中。熱狂的なスロージョガ―、かつ草テニスプレーヤー。わが人生のべスト3(順不同)は邦画が、山中貞雄『丹下左膳余話 百万両の壺』、江崎実生『逢いたくて逢いたくて』、黒沢清『叫』、洋画がジョン・フォード『長い灰色の線』、クロード・シャブロル『野獣死すべし』、シルベスター・スタローン『ランボー 最後の戦場』(いずれも順不同)

藤崎康の記事

もっと見る