メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

檀家制度には可能性がある

[3]風通しのいい組織にして再構築を

薄井秀夫 (株)寺院デザイン代表取締役

支配的な関係だった江戸時代

佐賀市の龍泰寺拡大佐賀市の龍泰寺で

 そもそも檀家と菩提寺という関係は、室町時代に惣村(自治を持った村)が生まれたことがきっかけでつくられたものだ。村人達の葬送のために、惣村が檀那、つまりスポンサーとなってお寺を開いたのである。

 当初は村人の自発的な意思によってお寺を支えるという関係だったし、村とお寺がお互いリスペクトを持って、ともにお寺を支えていたはずだ。

 ところが江戸時代になって、お寺に戸籍を管理させる寺請制度がつくられると、お寺と檀家の関係性が大きく変わっていく。

 寺請制度は、単なる戸籍管理のための制度ではない。幕府の目的は、禁制のキリシタンを監視することにあった。キリシタンでないことを証明する寺請証文というものを、お寺に発行させる役割をあたえていたのである。

 これによって、お寺は、絶大な権力を持つようになる。寺請証文を発行してもらえなければ、キリシタンとして取り締まりの対象となってしまうからだ。

 当時のお寺と檀家は、かなり支配的な関係だったようだ。前述のような、他のお寺に葬儀や法事を頼んではいけないとか、檀家を辞めることに制限があるといった慣習は、まさに江戸時代の名残である。

 寺請制度は、明治になると廃止されるが、支配的な関係性が無くなることはなかった。もちろん江戸時代に比べれば、かなり緩やかにはなっている。ただ、まだまだ抑圧的なところは残っており、それがお寺と檀家の関係をギクシャクさせるのである。

安定が制度疲労を起こす

 檀家を辞めるのが難しいということは、一方でお寺の運営に安定をもたらしてきたということでもある。

 会員組織というものはどんな組織でも、会員の減少にどう歯止めをかけるかが大きなテーマである。常に会員が満足するような活動をしていなければ、会員は簡単に辞めていく。時代の変化を見ながら、会員が何を求めているのか、会員がどんな環境にあるのかに配慮していかなくてはいけないのである。

 ところがお寺の場合は、簡単に辞めることができない。極端な話、どんなにひどいお寺でも、檀家の数はそう簡単に減らないのである。

 そしてそれが行き着くところは、

・・・ログインして読む
(残り:約2539文字/本文:約4248文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

薄井秀夫

薄井秀夫(うすい・ひでお) (株)寺院デザイン代表取締役

1966年生まれ。東北大学文学部卒業(宗教学専攻)。中外日報社、鎌倉新書を経て、2007年、寺の運営コンサルティング会社「寺院デザイン」を設立。著書に『葬祭業界で働く』(共著、ぺりかん社)、 『10年後のお寺をデザインする――寺院仏教のススメ』(鎌倉新書)、『人の集まるお寺のつくり方――檀家の帰属意識をどう高めるか、新しい人々をどう惹きつけるか』(鎌倉新書)など。noteにてマガジン「葬式仏教の研究」を連載中。