メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

無料

障害者が地域で生きる選択肢:「普通に死ぬ~いのちの自立~」を観て

「普通」の生活と生涯を送るために。葛藤と模索の映画から見えたもの

土橋 喜人 宇都宮大学客員教授・スーダン障害者教育支援の会副代表理事

 内閣府の「障害者白書」の最新刊では、国民の7.6%が何らかの障害を持っていることとなっている。私自身、22年前の交通事故で二輪車走行中に飲酒運転の自動車に正面衝突され、一命は取り留めたが、半年以上の入院・治療を経ても左足三関節に障害が残り、身体障害者3級である。だが友人や知人や職場の人は片杖で歩く私を障害者として接することは殆どないし、私も意識することはほぼない。

 しかし、重度の障害のある人たちは、様々な支援等を受けながら生活するか、あるいは施設に入ってその生涯を過ごす。その前者の姿を描いたのが、マザーバードの「普通に生きる~自立をめざして~(注1)(2011年度作品)であった。私がその作品を初めて観た時、家族にかかる負担、地域に生きることの難しさ、そして「普通に生きる」ことの難しさが伝わり、号泣した。泣きながら上映後の貞末麻哉子監督挨拶の時にフロアからコメントをした。監督とはそれ以来、親しくさせていただいている。

 その続編の「普通に死ぬ~いのちの自立~(注2)が遂に完成して、全国各地での上映会が始まった。そこから見えたものについて本論にてお伝えしたい。

向島育雄さん。母の宮子さんが病に倒れ、在宅生活の場を失った育雄さんをどう支えるかが、映画の主題のひとつとなる拡大向島育雄さん。母の宮子さんが病に倒れ、在宅生活の場を失った育雄さんをどう支えるかが、映画の主題のひとつとなる

1.世の中で起きていること

 先ずは、神奈川県相模原市の「津久井やまゆり園」の殺傷事件である。多数、この論座で書かれた記事等があるので詳しくは述べない。一点だけ、朝日新聞でも記事(注3)になっているが、優生思想についてはナチスドイツの時代に有名なユダヤ人の大虐殺の前に、自国民の障害者を抹殺していたことを伝えたい。英語のみとなるが、私の友人で作家のケニー・フリース(Kenny Fries)氏が「1940年の夏にここで何が起きたのか?(私訳)」(原題名:“What Happened Here in the Summer of 1940?”)のYouTubeのビデオでも表している(注4)。日本障害者協議会(JD)の代表の藤井克徳氏の著書「わたしで最後にして:ナチスの障害者虐殺と優生思想(注5)では、大量の障害者を虐殺したことだけでなく、その家族も加担したこと、日本を含む他国の優生思想の政策についても表している。いずれも、とても重い問題提起をしている。

 また京都市のALSの患者が医師2人の手を借りて、自ら望んで死を遂げた。これもこの論座で多数書かれている。私が問題にしたいのは、安楽死の議論ではなく、亡くなった障害者達が絶望感を覚え、生きる希望を失っていた点にある。私は重度の障害を持っているわけではないので比較にならないが、障害者になったことで生きることに失望するほどの状況に陥ったことはない。

 では重度の障害を持った人たちは生きる価値がないのだろうか? 生きる希望がないのだろうか? そのことが「普通に生きる」「普通に死ぬ」という素朴な映画のタイトルに秘められているように感じる。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

土橋 喜人

土橋 喜人(どばし・よしと) 宇都宮大学客員教授・スーダン障害者教育支援の会副代表理事

 札幌市出身。国際基督教大学(ICU)教養学部卒業。民間銀行、青年海外協力隊を経て、JETROアジア経済研究所開発スクール(IDEAS)および英国マンチェスター大学開発政策大学院(IDPM)修士課程を修了後、特殊法人国際協力銀行(JBIC)および独立行政法人国際協力機構(JICA)にて正規職員として勤務。2020年に宇都宮大学大学院工学研究科博士後期課程(システム創成工学専攻)を修了。博士(工学)。現在、都内の複数の大学の非常勤講師を兼務。 【SNS】 Facebook:土橋喜人 Twitter:Yoshito Dobashi, @tomasidobby