メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

中津留章仁の新作はYouTubeがモチーフ/上

虚構感とリアルの間で揺れる若者を描く『通りすがりのYouTuber』

大原薫 演劇ライター


 ジェットラグプロデュース『通りすがりのYouTuber』が上演される。

 作・演出は、紀伊国屋演劇賞、読売演劇大賞優秀演出家賞など数々の受賞歴を持つ中津留章仁。本作は最先端の才能が集まっているといわれるYouTuberを題材とし、進み続けるネット社会の近未来を予見した世界を描く書下ろし作品。

 中津留に本作について、主演・冨岡健翔の印象、また今の時代に演劇を創作する意味など幅広く語ってもらった。

虚構によって見る人の間口が広がるYouTube

拡大中津留章仁=岩田えり 撮影

――YouTubeがモチーフとなっている作品ですが、どういうところから発想されたのでしょうか?

 プロデューサーからお話をいただいて、いくつかアイデアを出したものの内の一つがYouTubeでした。コロナ禍で芸能人などいろいろな人がYouTubeを始めるようになって、いまや現代を象徴するようなブームになっていますよね。YouTubeは屋内で撮影して家から発信することもできるから、今のコロナの状況でも打撃を受けずに続けられる。また、空いた時間に好きな動画を見る人もいるから、YouTuberには良い状況なのかもしれません。

――『通りすがりのYouTuber』はどのようなストーリーになるのでしょうか?

 今考えているストーリーでは、YouTuberが作った設定どおりに家族が動画に登場して、作った通りの世界観を演じないといけない。でも、途中から綻びが出てきて……という話です。

 これはたとえ話ですが、都会の生活に疲れて東京から北海道に移住してきて釣りなどしながらスローライフを送っている女性のYouTubeがあるとして。そうすると釣り好きな人やスローライフ好きな人以外にも、東京の生活に疲れている人が「北海道、いいよね」と思いながら見るようになって、間口が広がるじゃないですか。でも、「東京から移住してきた」というのは単なる設定、フィクションだとしたら? そういう設定を加えることで、共感する人が一気に増えたりする。虚構によって見る人の間口が広がるんですね。『通りすがりのYouTuber』ではそういう虚構感とリアルの間で主人公が揺れ動いているという話なんです。

――なるほど、「虚構感」ですか。

 設定、つまり虚構感があるから、視聴者は動画をリアルっぽく受け止めるんですよ。設定に過ぎないのにそれがリアルだと思っているから。こういう感覚が非常に現代的だなと思うんですが、YouTubeの問題だけにせずに普遍的なところまで掘り下げていけたらというのが今回のテーマです。作品はあくまでエンターテインメントですが、普遍的なものに触れないと作品を作る意味がないと思うので、その接点を探しているところです。

◆公演情報◆
拡大通りすがりのYouTuber
ジェットラグプロデュース
『通りすがりのYouTuber』
2020年12月9日(水)~12月16日(水) CBGKシブゲキ!!
公式ホームページ
【チケット取り扱い】
チケットぴあ:0570-02-9999 (Pコード503-363)
イープラス(e+) (PC・携帯)
[スタッフ]
作・演出:中津留章仁
[出演]
冨岡健翔(ジャニーズJr.)、十碧れいや、星吹彩翔、稲垣成弥、長谷川景(トラッシュマスターズ)、山田元、中野郁海、蓮井佑麻、松本祐華(文学座)、佐野愛花
鬼頭典子(文学座)、鈴木歩己

・・・ログインして読む
(残り:約1257文字/本文:約2650文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

大原薫

大原薫(おおはら・かおる) 演劇ライター

演劇ライターとして雑誌やWEB、公演パンフレットなどで執筆する。心を震わせる作品との出会いを多くの方と共有できることが、何よりの喜び。ブロードウェー・ミュージカルに惹かれて毎年ニューヨークを訪れ、現地の熱気を日本に伝えている。

大原薫の記事

もっと見る