メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

『おらおらでひとりいぐも』――惚れた男が消えて、老いた女はどこへ行く

丹野未雪 編集者、ライター

 映画『おらおらでひとりいぐも』は、ひと言でいうなら「昭和」の住まいから始まる。茶の間の座卓にはテレビのリモコン、常滑焼の急須、手の届く場所には電気ポット、こまごまとした日用品が収納された引き出し。暮らしよくした部屋に一人、何をするでもなく座る老いた女は手編みのベストを着ている。

 その風景に亡くなった祖母を思い出し、年々白髪が増え小さくなる母を連想し、コロナ禍で一人部屋にいて独居老人の予行練習のようだとぼんやりする中年の自分が重なった。

 何をするでもない老いた女は、「どうせ昨日と同じ」とのしかかる「何か」を布団からずり落として起き上がり、目玉焼きを作る。ああ、私たちだ。

『おらおらでひとりいぐも』 11 月6日(金)公開 ©2020「おらおらでひとりいぐも」製作委員会 配給:アスミック・エース拡大『おらおらでひとりいぐも』(沖田修一監督) 11月6日(金)公開 ©2020「おらおらでひとりいぐも」製作委員会 配給:アスミック・エース

 親同士が決めた見合いを断り、田舎を出奔した主人公・桃子さんが、夫を亡くした晩年、かつて捨てた故郷の言語=東北弁によって自らの「古層」を掘り、人生に出会い直していく物語だ。東京オリンピックが開催され、高度経済成長のもと、「新しい女、これからの女」を自負する桃子さんは、惚れた男と恋愛をして専業主婦となった。だが、果たしてそれは……。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

丹野未雪

丹野未雪(たんの・みゆき) 編集者、ライター

1975年、宮城県生まれ。ほとんど非正規雇用で出版業界を転々と渡り歩く。おもに文芸、音楽、社会の分野で、雑誌や書籍の編集、執筆、構成にたずさわる。著書に『あたらしい無職』(タバブックス)、編集した主な書籍に、小林カツ代著『小林カツ代の日常茶飯 食の思想』(河出書房新社)、高橋純子著『仕方ない帝国』(河出書房新社)など。趣味は音楽家のツアーについていくこと。