メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

無料

子供も大人も楽しめる雅楽を。伶楽舎が第50回ENEOS音楽賞邦楽部門を受賞

かつての音をだた復元するのではなく、今の私達が愉しめる音をめざして

堀川登志子 劇作家、演出家、唄浄瑠璃狂言作家、芸能評論家

 新型コロナウイルスの厄災が続いた2020年、数多くのイベントが中止に追い込まれまれ、伶楽舎も例外ではありませんでした。そんな中でうれしいニュースもありました。第50回ENEOS音楽賞(邦楽部門)を受賞したのです。11月20日の授賞式は通常と異なったオンラインでの開催となりましたが、アーカイブとして保存され、サイトで授賞式の様子を見ることができます。

 この賞は、JXTGホールディングス株式会社が社会・文化貢献活動の一環として、個人、団体に贈賞するもので、従来のJXTG音楽賞からENEOS音楽賞と名称変更されました。歴代の受賞者の中から芸術院会員や多くの人間国宝が認定されるなど、モービル賞(創設1971年)から始まった、文化的にも歴史のある音楽賞です。

 伶楽舎は、昨年の7月4日に逝去した芝祐靖が宮内庁楽部を退職した後、現行の雅楽古典楽のほか、廃絶曲の復曲や現代雅楽の演奏を目指して創設しました。現在の代表理事で篳篥の演奏家の八百谷啓さん、理事で三鼓の演奏者の宮丸直子さん、音楽監督で笙の演奏家の宮田まゆみさんは伶楽舎の創立メンバーです。受賞の喜びを聞きました。

拡大伶楽舎=J.Souteyrat撮影、伶楽舎提供

受賞は芝祐靖先生の導き

 「これは芝祐靖が受賞した賞です。芝先生は伶楽舎としては別格の方なので、同じ賞を頂けたことは大変嬉しく、芝先生の導きによるものと思っております」

――今年の芝祐靖の追悼演奏会は無観客の中での献奏になりました。

 「千日谷会堂本堂をお借しました。マスクをして互いの間隔も開けていますから、タイミングの合図をおくるなど工夫して演奏しました」

――対応の大変さが伝わってきます。公演の中止や延期も余儀なくされました。今もコロナ禍の終熄(しゅうそく)のメドがたたない状況ですが。

 「難しい対応に追われましたが、ようやく見通しがつくようになりまして、11月17日にはライブ配信で「芝祐靖の世界」特別公演をやりました。また、延期になっていた第15回雅楽演奏会『伶倫楽遊』は来年の1月31日に予定しています。ただ、子供のための雅楽コンサートも中止になっていますので、やはり実際に体感して欲しいので、来年は大丈夫なのか心配しています」

――今の世の中は対応にもユーチューブが必要不可欠です。

「毎年8月の仙台の大崎八幡宮のお祭りに伶楽舎も参加していたのですが、やはり移動は無理なので、演奏のご指導をするのも、ユーチューブで何度もやりとりをしなければなりませんでした。国立音楽大学で実技を教えていますが、演奏の自撮りをするのに、最初は慣れなくて本当に大変でした。
 きちんと録画されているか確認もしなくてはいけません。生徒さんも自撮りして送ってきますから、個々に何度もやりとりします。明治学院大学は音楽学を教えていますが、オンライン化を進めていますので出題や必要な資料など工夫が必要でした」

伶楽舎=村松謙撮影、伶楽舎提供拡大

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

堀川登志子(堀川梅左)

堀川登志子(堀川梅左)(ほりかわ・としこ(うめざ)) 劇作家、演出家、唄浄瑠璃狂言作家、芸能評論家

梅左事務所代表。劇作家、演出家、唄浄瑠璃狂言作家、芸能評論家。社)国際演劇協会会員。矢の会会員。「作者部屋」同人。日本脚本家連盟脚本家養成科、研修科卒。国立劇場新作歌舞伎戯曲清栄会奨励賞、世田谷文学賞などを受賞。梅左のペンネームにて伝統芸能評論の他、シアターΧ提携公演にて新作の邦楽による音楽劇を主宰。

※プロフィールは、論座に執筆した当時のものです