メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

無料

私もついに「名人」に

 その伝統音楽だけでの独奏会を行うには、いくつかの問題があります。

 韓国も新型コロナウイルスの影響で、劇場はほとんど借りられない……場所押さえからの始まりだ。

 まず国や市が運営している劇場は予約することができても、当日近辺に集団感染があったら、クローズになってしまう。

 そこで思いついたのが、ジョンヒョ国楽財団というところにある音楽堂。

 このジョンヒョ国楽財団とは、カンナムにある国楽財団で、そこの代表が、過去何回か一緒にお仕事もした僕の高校の後輩。

 その彼に相談の連絡を入れると、「それはいい! では、僕の劇場の企画公演、“名人名踊傳”でやりましょう!!」と。

 これで公演名が、なんと「名人名舞傳 ミンヨンチ独奏会」になってしまったのです。

 私ごときが名人だなんて、滅相もない……お恥ずかしい……

 ん、いや、けど、ちょっと待てよ、私らが学生や若い時に、よく見に行ってた名人たちの演奏。その名人たちの演奏をみて沢山勉強し、刺激をもらいました。

 で、逆算してみると、その名人の先生たちのその時の年齢は今の私の歳と一緒くらいだ。

 ということは、そう題名つけても罪ではない……とあっさり納得し、そうさせてもらうことになった。感謝ジョンヒョ国楽財団!!

拡大ミン・ヨンチさんのホームページより

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

ミン・ヨンチ

ミン・ヨンチ(閔 栄治) ミュージシャン 韓国伝統音楽家

大阪生まれ。幼少の頃からブラスバンドやドラムを経験し、高校から韓国へ。旧李王朝雅楽部養成所であった国立国楽高等学校に入学、ソウル大学音楽学部国楽科卒。1992年サムルノリ競演大会個人部最優秀賞。1992年国楽室内管弦楽団「スルギドゥン」に入団。1993年スーパー・パーカッション・グループ「PURI」創団メンバー。イ・ムンセ(歌手)のテレビ番組にも出演。現在も韓国伝統音楽とジャンルの違う音楽とのコラボレーションに活動中で、2009年に立ち上げた公演「新韓楽」ではジャズとコラボ―レーションした。日韓両国で数多くの公演。アルバム「HANA」(2015年/ユニバーサルミュージック・ジャパン)をリリース。ライブでは日本全国3万人を動員。国楽管弦楽の作曲にも力を入れ、2014年韓国文化芸術委員会で作曲賞受賞。「大衆に楽しんで聞いてもらえる楽曲作り」を目指す。現在、韓国芸術総合大学、梨花女子大学、秋藝芸術大学講師。

ミン・ヨンチの記事

もっと見る