メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

無料

もがいて気づいた「完璧を求めすぎない」/咲妃みゆ

【宝塚~朗らかに~】ミュージカル「NINE」で主人公の妻役

村上久美子


【日刊スポーツ・11月12日付紙面(大阪本社発行版)より】

 ブロードウェー発、米で映画化もされたミュージカル「NINE」は今日12日、東京・TBS赤坂ACTシアターで初日を迎える。29日まで。城田優ふんする主人公の妻を元雪組トップ娘役、咲妃みゆが演じる。咲妃は、コロナ禍で仕切り直しとなった今作開幕を心待ちにし、自粛中は体幹を鍛え演劇法も学んだ。備えて迎えた“今”の思いを聞いた。大阪・梅田芸術劇場は12月5~13日。

               ◇   ◇   ◇

拡大あこがれの作品へ出演する思いを語った元雪組トップ娘役の咲妃みゆ
 最初に観劇したのは、下級生だった月組時代。ソロナンバーの参考にしようと、繰り返し見た。

咲妃 あの有名な…大好きな作品、信じられなかった。以前より登場人物の心情が理解できるようになりました。困った男性だなと思うんですけど、皆が彼に魅了されていく。

 主人公グイドは不振に陥った映画監督。彼の再生を描き、グイドに寄り添う女性たちとの物語でもある。

咲妃 劇中さまざまな女性が登場しますが、妻ルイザの根底には「彼の一番のファン」というのがある。

 城田の舞台は「ロミオとジュリエット」「エリザベート」など、劇団時代から何度も観劇してきた。

咲妃 舞台上で演じている役にうそがない。労力のいる作業にしっかりと向き合い、情熱を注ぐ役者さん。でも実際に会うと、とても気さく。発する言葉に優しさがあり、向上心を持ち続けられる方。いつかご一緒したいと思っていた。

 5月以降の出演舞台が中止に。不安も膨らんだ。

咲妃 お稽古の真っ最中(に中止)。覚悟はしていても、とてつもない喪失感に襲われました。もちろん、つらいのは自分だけじゃない。分かってはいても、人と会えず、孤独を感じずにはいられない時期も。

 舞台から離れ「衰える」恐怖も。オンラインで体幹を鍛え演劇法を学んだ。

咲妃 「ジャイロトニック」という体幹トレーニングのオンラインを頻繁に受け、演劇、演技も一から学び直しました。ひとつの物語を皆で読み解く戯曲解釈など、だいたい3カ月ぐらいかけたかな? 物語全体をとらえることが大切。物語、役への愛情も、理解も深まっていくと学びました。

 古巣の劇団も戦後初の長期中止に見舞われた。

咲妃 とても、心が痛かった。切磋琢磨(せっさたくま)してらっしゃる姿が手に取るように分かるだけに、自分のこと以上に…。

 同期や仲間もまだ現役に多く、連絡もとった。

咲妃 励ましの言葉を送り、いただき…。でもまあ! 皆さん、見事に自粛してらっしゃり、感染予防に努めて。劇団のすばらしさだと思う一方で、皆さんの精神が心配にもなりました。歌劇団は、美しさも魅力のひとつではありますが、卒業してなお感じるのは、生身の人間が作り上げている世界。皆さんの心が心配で心配でたまらなかった。

 宝塚で学んだことは、今も生きる。

咲妃 実は、卒業後すぐは「しっかり巣立たないと」って思いがあって。卒業して3年が経過し、そうではないと気づきました。歌劇団出身者であることを誇りに思い、「さすが宝塚歌劇団出身の方ね」と言ってもらうのが、うれしい言葉に変わりました。

 10年入団。芸歴は丸10年になる。退団後はドラマ、歌にも挑戦してきた。

咲妃 まだまだ! 何も変わっていない。相変わらず、もがいて、もがいて。でも、少しでも成長できたかなと思う点をあえてあげるとするならば、完璧を求めすぎないことが大切だ-と、気づけるように。

 思考に柔軟性も出た。

咲妃 ここまで1日たりとも欠けては今の自分が成り立たない。よくぞ、ひとつのお仕事を続けられたなって。ほんの少しほめてあげたいなと思います。

 コロナ禍で、女優としての目標にも影響が出た。

咲妃 以前の私だったら、すごく熱く語ってたと思う。でも(仕事の継続に)なんの疑いもなかった日々を、突然、奪われてしまった。「こうありたい」とか、夢を抱いていいのかな? と考えてしまって…。願えば願うほど「そうなれなかったら?」って思う意識も出てきたり…。

 今作の稽古も、内にある不安との闘いだった。

咲妃 「あんな咲妃」「こんな咲妃」を見てみたいと、おもしろがっていただけるような俳優でいたい。それは、変わらない。英語力を鍛えようとアプリを使用して、AIを相手に英会話を勉強する時間を設けました。世の中にはおもしろい映画、ドラマがあふれていることも知りました。

 息抜きも大事だと知る。

咲妃 まんまと「鬼滅の刃」にはまりました(笑い)。アニメはスタジオジブリ、ディズニー作品以外はあまり拝見しなかったのですが、興味本位で見てみたら、おもしろい! 吸収力も磨かれ、女優としての感性も鋭さを増している。

ミュージカル「NINE」 1982年の初演時にトニー賞で複数受賞したブロードウェー発ミュージカル。09年には映画化もされた大作の日本上演が決まった。斬新な仕掛けが注目される藤田俊太郎氏が演出。映画監督グイド(城田優)は新作撮影が迫るも、構想が浮かばず苦悩。その最中、妻ルイザ(咲妃みゆ)から離婚を切り出され、関係修復とスランプ克服のためルイザとともにベネチアへ。そこへマスコミ、愛人も押し寄せ妻との関係改善も望めないまま騒動は続く。

咲妃(さきひ)みゆ 3月16日、宮崎県生まれ。10年入団。月組配属。12年「ロミオとジュリエット」で新人公演初ヒロイン。14年1月に雪組。同9月にトップ娘役就任。「ローマの休日」アン王女などを演じ、17年「幕末太陽傳」で7月に退団。コンサート、ミュージカルなど舞台を中心にテレビドラマにも出演。9月には2枚目アルバム「MuuSee」発売。映画「窮鼠はチーズの夢を見る」にも出演。身長160センチ。愛称「ゆうみ」。

「宝塚~朗らかに~」はニッカンスポーツ・コムに連載中です。

Copyright 日刊スポーツ新聞社 記事の無断転用を禁じます。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。