メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

無料

コロナ禍の野球の楽しみ方、教えます――カネシゲタカシさんに聞く

「長いプロ野球の歴史における非日常として笑い飛ばそう」

井上威朗 編集者

 2020年プロ野球のシーズンが(ほぼ)終わってしまいました。

 ほかのエンタメ同様、コロナ禍のせいで来年はどうなるかわからないプロ野球を、いったいどうやって楽しんだらいいのか途方に暮れる昨今です。

カネシゲタカシさん拡大カネシゲタカシさん
 そこで本欄では、プロ野球いじりの第一人者にして新刊『野球大喜利 ザ・パッション こんなプロ野球はイヤだ8』(徳間書店)を上梓した漫画家のカネシゲタカシ氏にインタビューを敢行(前回は以下)。

 これからのプロ野球の楽しみ方と、「あの代表作」の裏側についてガッツリうかがいました!

伝説的傑作『ベイスたん』誕生秘話

ベイスたん〈中央〉と友達のテレビさん〈右〉と冷ぞうこさん〈左〉。中村紀洋さんが大好き初期のベイスたん。拡大ベイスたん〈中央〉と友達のテレビさん〈右〉と冷ぞうこさん〈左〉。中村紀洋さんが大好きの初期のベイスたん
――カネシゲタカシさんといえば2010年代の野球ネタ漫画の最高傑作『ベイスたん』の作者でもあります。ぜひその話をお聞かせ願いたく!

カネシゲタカシ氏(以下カネシゲ) ありがとうございます。話が「週刊イガワくん」に戻るんですけど(前稿)、井川慶選手が帰国するということで、スポーツナビさん本体での連載が終わったんです。代わりに「ブログ内で新連載を始めてください」という話になって。

――増刊号に移籍したんですね。

カネシゲ そんな感じですね。2012年のことなのですが、ちょうど横浜DeNAベイスターズ初代監督に中畑(清)さんが就任して、ちょっとしたブームになっていました。

――インフルエンザで最初に脱落したのが監督!みたいなニュースがあったような。

カネシゲ あれはキャンプ2日目でしたね。そんな感じでネタになるので、『週刊キヨシくん』っていう4コマ漫画を週に1回のペースで連載することになったんです。

――でもブログに週イチで4コマを載せても、正直なところ厳しいですよね。

カネシゲ ええ、僕もブログ管理画面を見られるので、「こんなに少ないアクセス数だと、すぐに打ち切りになるだろうな」と危機感を抱きました。そこで、自分が仕事として更新する日以外も、何かで更新しようと決めました。

――毎日更新ですか! でも原稿料は週1回の分しか出ないんですよね。

カネシゲ はい。だから、とにかく労力のかからないことをやろうと考えて、ベイスターズの勝ち星で育つブログペットという体(てい)の、はっきり言っちゃうと「たまごっち」のようなものを作ろうと。だったら毎回、画像1枚ですむじゃないかと。

――こうして『ベイスたん』が誕生したのですね! 原稿料なしの毎日連載だったとは。

カネシゲ 勝ったら、勝ち星を栄養として成長する。負けたら、しおれて「お腹すいたよ」となる。

1コマで描かれた地獄絵図状態でした拡大1コマで描かれた地獄絵図状態でした
――そして、あの年のベイスターズは負けまくって、ベイスたんが大変なことに……。

カネシゲ そうなんですよ、「ベイスたん」って検索の窓に入れると、関連ワードで「餓死」って出てきちゃうような(苦笑)。

――餓死寸前の描写があっても、まだベイスターズが負けてましたからね(苦笑)。

カネシゲ だから、ホームランでシュウマイを1個もらえるようにしようって、ちょっと途中で設定を変えました(笑)。そんなことをやってると、いつの間にかネットで火がついて、あれよあれよと評判になって。Twitterも開設してみようかなってやったら、1日でフォロワーが1万2000人になりました。

――それはすごいですね。

カネシゲ 要するに「バズった」んですね。そうなってくると持ち前のサービス精神というものがムクムクとわき上がって、1枚絵のつもりが2枚になり、2枚のつもりが4枚になり、最終的には1回の更新で15枚から20枚ぐらい絵を描かなければいけないように。

――普通に毎日更新のストーリー漫画になってましたね。

カネシゲ 大スペクタクルドラマに育ってしまうんです。そうなる前、2012年の6月ごろですかね、ベイスターズ球団からスポナビ編集部を介して連絡が入りました。「会いたい」っていうんですよ。

――えらいこっちゃ(笑)。負けまくっている球団をいじってたんだから、怒られる流れですよね。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

井上威朗

井上威朗(いのうえ・たけお) 編集者

1971年生まれ。講談社で漫画雑誌、Web雑誌、選書、ノンフィクション書籍、科学書などの編集を経て、現在は漫画配信サービスの編集長。

※プロフィールは、論座に執筆した当時のものです