メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

全米図書賞・柳美里『JR上野駅公園口』が迫る震災と地域への内省

長岡義幸 フリーランス記者

天明の飢饉と震災・原発事故の歴史が折り重なった物語

 読了時、地元の人々や私の家族・親族の人生がよぎり、感情が吹き出してきたことも思い出した。極私的な自分語りのようになってしまうが、私なりに感じ取った物語の周縁をあらためて言葉にしてみようと思う。

 小説の舞台となった鹿島区(旧鹿島町)には、亡母の実家がある。たまたまだが、物語の主人公とその息子の生まれ年が伯父(母の兄)とその息子(従兄)と同じだった。主人公と私の伯父が生まれ育ったのも、合併によって鹿島町になる以前の旧八沢村だ。さらに、主人公の長男は県立原町高校を卒業し、私の従兄の母校も原町高校であった。物語の登場人物が実在していたならば、従兄と友だち関係にあり、原高にも一緒に通っていたかもしれない。けれども、主人公の長男も私の従兄も、もうこの世にはいない。他人事とは思えない設定に感情移入せずにはいられなかった。

 ただ、大きく異なっていたのは、それぞれの家族が信心の対象にする仏教の宗派だ。伯父一家は、樹齢600年の大銀杏がそびえ立つお寺の檀家だった。一方、物語の一家は、天明の大飢饉(1782年~)で相馬藩(現在の相馬市から大熊町までの一帯)の農民の多くが亡くなり、相馬藩の呼びかけで北陸地方から移住してきた一向宗の門徒の末裔になる。越中(今の富山県)からやってきた僧侶の建立した寺院に帰依していた。

 相馬藩と越中の一向宗を信仰する農民がつながった理由はよくわかっていないようだが、思い浮かぶのは富山の薬売り(越中の売薬)である。私の実家にも年に2回、薬売りのおじさんがやってきて、ゴム風船でつくったリンゴやカラフルな紙風船などをもらったものだ。200年以上前から、このように両者の関係が培われていたのではないだろうか。

南相馬市の中学生が絵とことばをかいた巨大紙風船。ガスバーナーで熱風が送り込まれ、空に浮かんだ。南砺市は、東日本大震災後、南相馬市への支援を続けてきた=南砺市中ノ江の「道の駅福光 なんと一福茶屋」2013年2月9日拡大東日本大震災後、支援を続けてきた富山県南砺市に対して南相馬市の中学生が絵とお礼の言葉を書いた巨大紙風船=2013年2月9日、南砺市中ノ江
 震災直後には、過半の移民の出身地にあたる富山県南砺市から多くの市職員が災害支援で南相馬市にやってきた。津波で流されたスナップ写真や卒業アルバム、人形、位牌、卒塔婆など様々な「思い出の品」を集めた展示場に、自分のものはないかと行ったとき、南砺市の職員が親身に被災者に対応する姿も見た。

 ただ、移民の歴史をとうとうと語ってくれる親族はいたものの、関心を深めることもなく震災に至ってしまった。他方、“よそ者”の柳さんは、地元の人々の話に耳を傾け、一向宗のお寺に出向き、土地に根ざす歴史を背景に物語をしたためた。まなざしの確かさと鋭さを思わずにはいられない。

 そして、東日本大震災による地震と津波、これに原発事故が重なって、今度は

・・・ログインして読む
(残り:約2438文字/本文:約4252文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

長岡義幸

長岡義幸(ながおか・よしゆき) フリーランス記者

1962年生まれ、福島県小高町(現・南相馬市)出身。国立福島工業高等専門学校工業化学科卒業、早稲田大学第二文学部3年編入学後、中退(抹籍)。出版業界紙『新文化』記者を経てフリーランスに。出版流通・出版の自由・子どもの権利・労働などが主な関心分野。著書に『「本を売る」という仕事――書店を歩く』(潮出版社)、『マンガはなぜ規制されるのか――「有害」をめぐる半世紀の攻防』(平凡社新書)、『出版と自由――周縁から見た出版産業』(出版メディアパル)ほか。震災・原発事故関連の共著書に『除染労働』(三一書房)、『復興なんて、してません――3・11から5度目の春。15人の“いま”』(第三書館)なども。

※プロフィールは、論座に執筆した当時のものです