メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

「エール」の主役は、歌の力。それがわかっているドラマだった

矢部万紀子 コラムニスト

 11月22日、朝日新聞の歌壇に、こんな短歌が掲載されていた。

 百歳の母の部屋から聞こえ来る小さな声の「長崎の鐘」(高松市・島田章平)

 ああ、このお母さん、朝ドラ「エール」を見ていたのだな、だから久しぶりに「長崎の鐘」を口ずさんだのだな。そう思った。

 翌23日から最終週というタイミングで掲載された短歌を読み、「エール」の主役は歌だったなーと改めて思った。島田さんのお母さんのような人が、きっと日本中にたくさんいたはずだ。ドラマを見て歌を聞き、当時を思い出す。そこから今日までをしばし振り返り、気づけば口ずさむ。

 歌とはそういうものだし、古関裕而という偉大な作曲家をモデルにドラマを作れば、「歌」の力が際立って当然かもしれない。だけど、制作者からすればそれはどうだったのだろう。結局、歌が勝ちでした、でよいのかなあ。

 そんなことを思いながら見続けていたら、最終回はNHKホールからの「出演者による古関さんの名曲メドレー」だった。「モスラ」まで彼の作曲だったとは。そして思った。ドラマを作っていた人たちも、「歌には勝てない」とわかっていたのかもしれないなー、と。

 最後は奇しくも「長崎の鐘」。歌ったのは主人公・古山裕一(窪田正孝)の妻・音(二階堂ふみ)。二階堂はこの勢いで、紅白歌合戦の司会へ。朝ドラ発紅白行き。今では当たり前のNHK内のリレー。それも含めて、「織り込み済み」なのかな、と。

「エール」の最終回は出演者によるコンサート。主人公・古山裕一役の窪田正孝と妻・音役の二階堂ふみ=NHK「エール」の公式サイトより拡大NHK連続テレビ小説「エール」の最終回は出演者によるコンサート。「長崎の鐘」を歌う二階堂ふみ(古山裕一の妻・音)と、窪田正孝(古山裕一)=NHK「エール」の公式サイトより

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

矢部万紀子

矢部万紀子(やべ・まきこ) コラムニスト

1961年生まれ。83年、朝日新聞社に入社。宇都宮支局、学芸部を経て、週刊誌「アエラ」の創刊メンバーに。その後、経済部、「週刊朝日」などで記者をし、「週刊朝日」副編集長、「アエラ」編集長代理、書籍編集部長などをつとめる。「週刊朝日」時代に担当したコラムが松本人志著『遺書』『松本』となり、ミリオンセラーになる。2011年4月、いきいき株式会社(現「株式会社ハルメク」)に入社、同年6月から2017年7月まで、50代からの女性のための月刊生活情報誌「いきいき」(現「ハルメク」)編集長をつとめた後、退社、フリーランスに。著書に『美智子さまという奇跡』(幻冬舎新書)、『朝ドラには働く女子の本音が詰まってる』(ちくま新書)。最新刊に『雅子さまの笑顔――生きづらさを超えて』(幻冬舎新書)

矢部万紀子の記事

もっと見る