メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

瞑想実践の薦め――今こそ、「仏陀の智慧」に学び自らの心を整えよう

~見えない洞窟の中での過ごし方~

野菜さらだ コラムニスト/言語聴覚士

タイ洞窟に閉じ込められた少年たちが笑顔だった訳

 2018年7月、世界中に流れたニュースであるので、覚えている人もいるだろう。タイのサッカーチームの少年12名(11~16歳)とコーチ(25歳)が横長の洞窟の入り口から約5キロのところまで行ったときに水位が急に上がってきて、そのまま出られなくなった事件である。救出されたのは、洞窟に入った日から数えて18日目のこと。2週間以上も真っ暗な中に閉じ込められていたのである。

3日、洞窟内で救助隊のダイバーに笑顔を見せる少年=タイ海軍提供 2018年7月3日拡大洞窟内で救助隊のダイバーに笑顔を見せる少年=2018年7月3日、タイ海軍提供

 彼らが救出されたときに映し出された映像を見て、「あれ? あんなににこやかにしていられるのはなぜだろう」と思った人もいるのではないだろうか。想像してみてほしい。自分が光も何もない狭い洞窟の中で、迫りくる水を目の前に見ながらいつ助かるともわからない全く行き先不透明な状況で、平静さを保っていられるだろうか。病院のMRI検査ですら「狭い空間を想像するだけで」恐怖でいっぱいになり一度は予約を直前にキャンセルしてしまった私は、考えるだけで自分があの状況に置かれたらと考えるだけで身の毛がよだつ思いである。

 18日もの間、彼らはどうやって気持ちを平静に保っていられたのだろうか? 日本では救出劇ばかりがクローズアップされ、この疑問の答えは得られなかったが、その謎をタイ在住の仏教研究者の浦崎雅代氏から教えてもらい、「やっぱり」と思った。

 彼らを支えたものこそ、

・・・ログインして読む
(残り:約2201文字/本文:約3530文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

野菜さらだ

野菜さらだ(やさいさらだ) コラムニスト/言語聴覚士

本名・三田地真実(星槎大学大学院教育学研究科教授) 教員、言語聴覚士として勤務後、渡米。米国オレゴン大学教育学部博士課程修了(Ph.D.)。専門は応用行動分析学・ファシリテーション論。2016年からオンライン会議システムを使ったワークショップや授業を精力的に行っている。著書に『保護者と先生のための応用行動分析入門ハンドブック』など。教育雑誌連載と連動した 「教職いろはがるた」の動画配信中!

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

野菜さらだの記事

もっと見る