メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

必見!『Mank/マンク』――フィンチャー監督の『市民ケーン』製作秘話

藤崎康 映画評論家、文芸評論家、慶応義塾大学、学習院大学講師

 『ファイト・クラブ』、『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』、『ドラゴン・タトゥーの女』などで知られるデヴィッド・フィンチャー。今やアメリカ映画を代表する実力派監督の一人だが、『ゴーン・ガール』以来6年ぶりの待望久しい彼の新作、『Mank/マンク』がついに封切られた。作家性の強いフィンチャーらしい、映画技法および映画史へのこだわりに貫かれたモノクロの傑作だ(製作は、こんにち映画づくりの最先端の一角を担うNetflixで、12月4日より動画配信中)。

Netflix映画『Mank/マンク』独占配信中拡大Netflix映画『Mank/マンク』独占配信中
 物語は、なんと“呪われた天才”オーソン・ウェルズ監督が自作自演した、映画史上の巨大な異物ともいうべき怪傑作、『市民ケーン』(1941)の製作秘話だ。ただし、主人公はオーソン・ウェルズではなく、ウェルズらと共同で脚本を書いたマンクこと、ハーマン・J・マンキーウィッツ(ゲイリー・オールドマン)。アルコール依存症に苦しんではいたが、筋金入りの名脚本家であった。

 そしてマンクをめぐる、このノワールで奇怪な伝記映画の最大の見どころは、マンクと、オーソン・ウェルズ(トム・バーク)、当時の大物プロデューサーら、さらにはケーンの実在のモデルである新聞王、かのウィリアム・ランドルフ・ハースト(チャールズ・ダンス)、その愛人のマリオン・デイヴィス(アマンダ・サイフレッド)らが織りなす陰影豊かなドラマである。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

藤崎康

藤崎康(ふじさき・こう) 映画評論家、文芸評論家、慶応義塾大学、学習院大学講師

東京都生まれ。映画評論家、文芸評論家。1983年、慶応義塾大学フランス文学科大学院博士課程修了。著書に『戦争の映画史――恐怖と快楽のフィルム学』(朝日選書)など。現在『クロード・シャブロル論』(仮題)を準備中。熱狂的なスロージョガ―、かつ草テニスプレーヤー。わが人生のべスト3(順不同)は邦画が、山中貞雄『丹下左膳余話 百万両の壺』、江崎実生『逢いたくて逢いたくて』、黒沢清『叫』、洋画がジョン・フォード『長い灰色の線』、クロード・シャブロル『野獣死すべし』、シルベスター・スタローン『ランボー 最後の戦場』(いずれも順不同)

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

藤崎康の記事

もっと見る