メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

[2020年 映画ベスト5]戦う若者を描いたヨーロッパ映画の健闘

「ミニシアター・エイド」と東京国際映画祭で見えた日本映画界の方向性

古賀太 日本大学芸術学部映画学科教授(映画史、映像/アートマネジメント)

1.『マーティン・エデン』(ピエトロ・マルチェッロ監督)
2.『レ・ミゼラブル』(ラジ・リ監督)
3.『ある画家の数奇な運命』(フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク監督)
4.『燃ゆる女の肖像』(セリーヌ・シアマ監督)
5.『シチリアーノ 裏切りの美学』(マルコ・ベロッキオ監督)
次点:『スパイの妻』(黒沢清監督)、『れいわ一揆』(原一男監督)、『37セカンズ』(HIKARI監督)、『おらおらでひとりいぐも』(沖田修一監督)、『ロマンスドール』(タナダユキ監督)、『のぼる小寺さん』(古厩智之監督)、『三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実』(豊島圭介監督)、『バクラウ 地図から消された村』(クレベール・メンドンサ・フィリオ)、『はちどり』(キム・ボラ監督)、『ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ』(ビー・ガン監督)、『鵞鳥湖の夜』(ディアオ・イーナン監督)

映画祭:『チンパンジー属』(ラヴ・ディアス監督)、『荒れ地』(アーマド・バーラミ監督)、『ファン・ガール』(アントワネット・ハダオネ監督)=東京国際映画祭、『死ぬ間際』(ヒラル・バイダロフ監督)、『海が青くなるまで泳ぐ』(ジャ・ジャンクー監督)=東京フィルメックス

話題:コロナ禍の「ミニシアターを救え!」運動の成功と東京国際映画祭の改革元年

 今年はコロナ禍で4月初旬から約2カ月映画館が閉じるという前代未聞のできごとがあった。今から考えると、映画館で観客は基本的に同じ方向を向いて、話をしないのだから、日本程度の感染者数で閉じる必要があったか疑問は残る。だが当時は政治を筆頭に社会全体がある種のパニックに陥った感があった。映画界も大きな影響を受けた。映画館の再開後も座席を減らしたり、撮影や公開が延期になったり。

 アメリカ映画の公開が何本も来年に延期されたせいかわからないが、今年はヨーロッパ映画の健闘が目立った。ベスト5では、イタリアの『マーティン・エデン』(フランスと合作)と『シチリアーノ 裏切りの美学』、フランスの『レ・ミゼラブル』と『燃ゆる女の肖像』、ドイツの『ある画家の数奇な運命』と伝統を誇る映画大国が力を見せた。それも監督は『シチリアーノ 裏切りの美学』のマルコ・ベロッキオ(81歳!)を除くと40代ばかりと若い。

『マーティン・エデン』=2019 AVVENTUROSA IBC MOVIE- SHELLAC SUD -BR -ARTE ミモザフィルムズ提供拡大『マーティン・エデン』=2019 AVVENTUROSA IBC MOVIE- SHELLAC SUD -BR -ARTE ミモザフィルムズ提供

 そのせいか、今年はまさに青春を描いた映画が多かった。それも戦う若者が中心だ。去年は映画ベスト5に選んだ映画を「老人や中年が昔を思い出す映画が多い」と書いたのだが、今年はまるで違う。『ある画家の数奇な運命』と『燃ゆる女の肖像』は若い画家が主人公で『マーティン・エデン』は小説家を目指す男を描き、芸術を扱った作品が3本あるのも特徴だろう。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

古賀太

古賀太(こが・ふとし) 日本大学芸術学部映画学科教授(映画史、映像/アートマネジメント)

1961年生まれ。国際交流基金勤務後、朝日新聞社の文化事業部企画委員や文化部記者を経て、2009年より日本大学芸術学部映画学科教授。専門は映画史と映画ビジネス。訳書に『魔術師メリエス――映画の世紀を開いたわが祖父の生涯』(マドレーヌ・マルテット=メリエス著、フィルムアート社)、共著に『日本映画史叢書15 日本映画の誕生』(岩本憲児編、森話社)など。個人ブログ「そして、人生も映画も続く」をほぼ毎日更新中。http://images2.cocolog-nifty.com/

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

古賀太の記事

もっと見る