メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

無料

角川武蔵野ミュージアム――本棚の雑木林へ

渡部朝香 出版社社員

 2020年暮れのNHK紅白歌合戦の目玉の一つに、YOASOBIのテレビ初出演があった。年間総合ソング・チャートで1位、ストリーミングの再生回数は3億回というヒット曲「夜に駆ける」は、投稿サイトの小説を「原作」としている。「埼玉のとあるところから」とYOASOBIのパフォーマンスが中継されたのは巨大な本棚のある空間、昨年(2020年)秋にオープンしたばかりの角川武蔵野ミュージアムだった

 国といっても、バチカンやツバルもあれば、中国やアメリカもある。出版社も、いぜん紹介した「共和国」(「ひとり出版社「共和国」の野望と恥じらい」)のように個人の経営によるものもあれば、大規模なコングロマリットもある。角川書店あらためKADOKAWAは、まちがいなく後者の代表格だろう。

 角川武蔵野ミュージアムは、2020年11月6日にグランドオープンした「KADOKAWAによる日本初のコンテンツモール」、ところざわサクラタウンの中にある。

ところざわサクラタウンの一角。KADOKAWAのオフィスなどが入っている拡大ところざわサクラタウンの一角。KADOKAWAのオフィスなどが入っている=撮影・筆者

 オープンまもないころに、同館を訪ねた。

 きっかけは、10月に刊行されて手にとった、三浦しをんさんの『ぐるぐる♡博物館』(実業之日本社文庫)だった。日本各地の一風変わった博物館のルポに心踊らされ、おもしろい博物館に行ってみたい思いが募っていたところ、角川武蔵野ミュージアム開館の報道に触れた。

 時間帯指定の予約制チケットで、都心へ向かう混んだ電車の利用は避けられる。外出に気をつかう折、子どもを連れていくのにもちょうどいい。チケットをネットで購入し、東所沢に向かうことにした。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

渡部朝香

渡部朝香(わたなべ・ともか) 出版社社員

1973年、神奈川県生まれ。1996年に現在の勤務先の出版社に入社し、書店営業、編集、営業(内勤事務)を経て、2014年夏より単行本の編集部の所属に。担当した本は、祖父江慎ブックデザイン『心』、栗原康『村に火をつけ、白痴になれ』、石内都『フリーダ 愛と痛み』、ブレイディみかこ『ヨーロッパ・コーリング』、福嶋伸洋『リオデジャネイロに降る雪』、佐藤正明『まんが政治vs.政治まんが』、赤坂憲雄『性食考』など。

※プロフィールは、論座に執筆した当時のものです