メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

「奴隷狩りの悪夢」から生まれた愛と自由の物語

【4】「ブレードランナー」の原作を読んでみた

中川文人 作家

 さすがにカルト・ムービーと言われるだけあって、『ブレードランナー』(1982年)に関する情報は豊富である。ネット上ではいろんな人が解説をしているし、関連書籍もいろいろ出ている。

 私も少し勉強しようと思い、『ブレードランナー』に関わった脚本家や映画プロデューサーのインタビュー集『ブレードランナー証言録』という本を読んでみた。

 この本は「〝ブレランフリーク〟のネタ元」と呼ばれるもので、映画化までの経緯や撮影現場の様子、有名なシーンの意味など、ブレランフリークが喜びそうな話がいろいろ載っている。ブレランフリークの間で議論になっている「ブレランの謎」にも答えている。おかげで私もだいぶ『ブレードランナー』に詳しくなったのだが、この本を読んだことで新たな疑問も生まれた。

『電気羊』はなぜ嫌われるのか?

拡大イラスト・斉田直世

 映画『ブレードランナー』の脚本を担当したハンプトン・ファンチャーは、この映画の原作者であるフィリップ・K・ディックと初めて会った時の話として、こう語っている。

 「ディックはロサンゼルス近郊のオレンジ郡にある大学で教鞭をとっていた。彼から『ユービック』という著書をもらったが、私は気に入らなかった。『電気羊』もあまり好きではなかった。」

 この『電気羊』というのは、映画『ブレードランナー』の原作であるディックの長編SF小説『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』のことである。

 フィリップ・K・ディックは癖のある作家で、その作品には毒がある。だから、好きではないという人がいても不思議ではない。

 しかし、ファンチャーはただの読者ではない。『電気羊』の映画化に深く関わっている人間である。そういう立場の人間は、普通、こうは言わない。「原作をどう思うか?」と聞かれたら、「大好きです」とか「感銘を受けました」とか、そういう風に答えるものである。心の中ではそう思っていなくても、そう答えるのが原作者への礼儀である。

 ところが、ファンチャーははっきりと「気に入らない」「好きではない」と答えている。そして、さらに不思議なことにインタビュアーもそれに驚いていない。「そうだよねー」という感じで流している。

 ファンチャーは他の箇所でも、「彼の作品を気に入ったことはない。読んだのは『ユービック』と『電気羊』だけだが、どちらも気に入らなかった。」と言っているから、インタビュアーの聞き間違いとか、翻訳者の誤訳とか、そういうわけではないのだろう。

 『ブレードランナー証言録』には、2017年に劇場公開された『ブレードランナー 2049』の脚本を担当したマイケル・グリーンも登場する。『2049』は映画がオリジナルで、原作と言えるものはない。が、『2049』も元をたどればディックの『電気羊』に行き着く。そこでインタビュアーは『電気羊』の話を振るのだが、それに対してグリーンはきっぱりとこう言っている。

 「私はサイエンスフィクションの大ファンですが、この作品は好きではありません。」

 いったいこれはどういうことなのか? なぜ、みんな、『電気羊』を嫌うのか?

 そんな疑問を頭に置きながら、フィリップ・K・ディックの『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』を読んでみた。 

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

中川文人

中川文人(なかがわ・ふみと) 作家

1964年生まれ。法政大学中退、レニングラード大学中退。著書に『身近な人に「へぇー」と言わせる意外な話1000』(朝日文庫)、『地獄誕生の物語』(以文社)、『ポスト学生運動史』(彩流社)など。本の情報サイト『好書好日』で「ツァラトゥストラの編集会議」の構成担当。総合誌『情況』にてハードボイルド小説「黒ヘル戦記」を連載中。

中川文人の記事

もっと見る