メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

ウォーリー木下&内海啓貴VR演劇『僕はまだ死んでない』インタビュー/上

「VR演劇」には演劇のスピリッツが生きている

橘涼香 演劇ライター


 世界を覆った新型コロナウィルスの感染拡大の影響で、集客型の演劇にとって難しい状況が続いている中、演劇ならではの臨場感を保ちつつ、スマートフォンやタブレット、ヘッドマウントディスプレイなどを用いて視聴できる「VR(ヴァーチャルリアリティ)演劇」という新たな演劇スタイルの配信が始まった。

 これはゲームの世界などではさかんに用いられている最新テクノロジーのVR技術を活用した、これまでの舞台作品の映像配信とは一線を画した体験型演劇への挑戦と言える作品だ。舞台上に360度のアングルから撮影できるカメラを設置して撮影。観客自身が主人公であるような視点で、且つ観たいアングルを自由に選択して、観る角度を変えることが可能になる、あたかも劇場で観劇している、いや出演者の一人となって舞台上にいるかのような体験ができる、全く新しい観劇スタイルの創造になっている。

拡大ウォーリー木下(左)&内海啓貴=岩田えり 撮影

 そんな新たな「VR演劇」として誕生するのが、原案・演出ウォーリー木下、脚本・広田淳一による『僕はまだ死んでない』。

 主人公の青年の視点で描かれるこの作品は、ある日、病室で目覚めた彼が、自分の体が全く動かず、声を発することもできない中、父と女医と友人が「元通りになる可能性はないし、むしろ生き延びたことを奇跡だと思って欲しい」と話しているのを聞くことから始まる。かろうじて動く目だけで意思疎通の方法を探るもどかしさ、人としての尊厳、安楽死、という重いテーマが、離婚調停中の妻をも巻き込み、不測の事態に戸惑い、それぞれの人間性による行動の可笑しみを加味しながら描かれていく。

 その全く新しい演劇体験である「VR演劇」の醍醐味の中で、根源的な人と人の愛を描いた作品の、原案・企画のウォーリー木下と主人公・白井直人を演じる内海啓貴が、作品の収録を終えたばかりというタイミングで、作品について、また「VR演劇」の可能性や、作品を創ることで感じた思いを語り合ってくれた。

観客に編集権が委ねられているのが演劇なんだ

拡大ウォーリー木下=岩田えり 撮影

──新感覚演劇体験「VR演劇」ということですが、まずこの「VR演劇」というものの、どこに魅力を感じられたのか?から教えて頂けますか?

ウォーリー:そこはちょっと長くなってしまうと思うんですけど、いいですか?

内海:どうぞ、是非!

ウォーリー:このコロナ禍によって、関わった舞台がいくつも公演中止や、スケジュールの見直しを迫られることになりました。それはもちろん僕だけのことではなくて、演劇界全体が未曽有の状態になっていましたから「これからどうしていこうか」を、7月に上演した『スケリグ』という作品でご一緒した、シーエイティプロデュースのプロデューサーさんと話していて。そこで「今度VRで演劇をやるんだ」というお話をお聞きして、その舞台を観させて頂いた時に「あ、これは配信だけれど、限りなく演劇に近いな」と僕の中で感じるものがあったんです。

──それはどういう点がですか?

ウォーリー:ある時期から演劇が積極的に配信をはじめましたよね。無観客で上演した舞台を配信する、あるいは客席のキャパを半減させて同時に配信も行うというような。そうした作品もいくつか家で観ていましたし、確かにこれからの演劇には配信という方向もあるなとは思っていました。ただ僕の中で「演劇とは何か?」を考えた時に、端的に言うなら「演劇はお客さんに編集権が委ねられているものだ」ということが大きくあったんです。

 例えば小説、映画、テレビ、音楽等って、僕らは編集されているものを許諾するしかないと言うか、編集を経たものを受け入れて楽しんでいる訳ですよね。でも演劇や、生の音楽LIVEって、どこを観るかの決定権を観客が持っているんです。僕は「2.5次元」の舞台作品もやらせてもらっているのですが、どんな演出をしようが、誰が台詞を話していようが「推ししか見ていませんでした」とサラッと言われることが多々あって……(笑)。

内海:あ~(笑)。

ウォーリー:でもそれがまさしく演劇の楽しみのひとつだし、それこそが演劇なんだなと思ってもいるんです。もちろんとても丁寧にあたかも編集されているかのように綺麗に整っている演劇作品もたくさんありますけれど、それでも「絶対にここを観て」と舞台から強制はできない。あくまでもお客さんが能動的に参加してくれないと楽しめないのが演劇なんだと。

 美術館で絵画を観る感覚と近いんですが、実は端っこに描かれている人物がローマ教皇で、この人がこっちを見ているから……ということがわかると、色々「あ、なるほど!」と気づくものがある。宗教画などはそういうものが非常に多いですよね。まさに演劇もそうで、自分で見るべき場所を見つけていく。つまり自分で編集して、参加して、楽しみ方を見つけていくのが演劇なんだと。だから配信をされている演劇作品に関しては、映像作品だなと僕は思っているんです。

──ここを観るように指定されているからですね?

内海:確かに画面に映るものしか観られないですものね。でもVRはそうじゃないんです!

ウォーリー:それなんですよ。自分で観る場所を決められるという意味で、360度のVRで演劇を創ってみたのがこの作品です。逆に言うとこれは家でしか楽しめない「演劇」で、たくさんの人が自分で自由に観る場所を決めて楽しめる作品なので、これは映像配信だけれど、演劇のスピリッツを持った作品にできるというのが、僕が今回目指したものです。

自分の思いを言葉にできない壮絶なストレス

拡大内海啓貴=岩田えり 撮影

──そんな作品の中に入った内海さんはどうでしたか?

内海:意識はあり、人の声も聞こえているんだけれども、体が全く動かせず、口もきけないという状態になっている主人公・白井直人を演じたのですが、主人公と言っても僕主観のVRというところが独特でした。本番の病室のシーンでは僕の寝ているベッドにカメラを置くので、実際には僕はいないのですが、稽古場ではベッドに寝て稽古をしました。更に直人の気持ちがわかるようにと、他の役者さんが僕とチェンジしてベッドに寝て、かわるがわる稽古したりもしたのですが、その中で、自分の思っていることが言葉にできないというのは、ストレスという言葉ではとても表せないくらいのストレスなんです。

 かろうじて動く目だけで文字盤を追って、意志を伝えるのですが「やってられるか、バカ野郎!」という一言、その気持ちを伝えるだけで5分以上かかってしまう。そんなもどかしさを感じれば感じるほど、自分の過去や想像の世界で生きることしかできなくなってしまうんですよね。その中で、ベッドに寝たきりの僕の視点からではなくて、実際に僕が出てくるシーンがあるのですが。

ウォーリー:幽体離脱している状態です。

内海:その場面でも気持ちは変わらなかったんです。僕以外の方が台詞で直人について話して下さっているのですが、そうやって他人が解説した性格を演じるのではなくて、倒れて目しか動かせなくなった間に、直人が自分の過去や、想像の世界をめぐって何を思い、何を感じたのか?をすごく大事にしながら、幽体離脱した直人を演じました。この病気になったからこそ成長した直人の姿を見せたいと思ったんです。

◆公演情報◆
拡大VR演劇『僕はまだ死んでない』
VR演劇『僕はまだ死んでない』
・配信チケット販売: 1月17日(日)18:00~~2月28日(日)23:59
※期間中何回でも購入可。
・閲覧開始:2月1日(月)18:00~
※閲覧期間:7日間
詳細は公式サイトをご覧ください。公式サイト
[スタッフ]
原案・演出:ウォーリー木下
脚本:広田淳一
[出演]
内海啓貴 斉藤直樹 加藤良輔 輝 有子 渋谷飛鳥 瀧本弦音 木原悠翔
 
〈ウォーリー木下プロフィル〉
 神戸大学在学中に劇団☆世界一団を結成。現在はSunday(劇団☆世界一団の改称)の代表で、すべての作品の作・演出を担当している。役者の身体性に音楽と映像とを融合させた演出が特徴。ノンバーバルパフォーマンス集団「THE ORIGINAL TEMPO」のプロデュースを行い、エジンバラ演劇祭にて五つ星を獲得するなど、海外からの高い評価も得ている。メディアアートとパフォーミングアーツの融合で注目を集め、従来の“演劇”という概念を超えた新しい挑戦をし続けている。
公式twitter
 
〈内海啓貴プロフィル〉
 高校生から活動をスタートし、デビュー後はフジテレビの「GTO」やNHK・Eテレ「Rの法則」、ミュージカル『テニスの王子様』などで活躍。近年では『いつか~one fine day~』、『アナスタシア』、『黒執事 Tango on the Campania』など多くの舞台、ミュージカル作品に出演している。3月にはミュージカル『BARNUM』への出演が控えている。
公式ホームページ
公式twitter

・・・ログインして読む
(残り:約1944文字/本文:約5594文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

橘涼香

橘涼香(たちばな・すずか) 演劇ライター

埼玉県生まれ。音楽大学ピアノ専攻出身でピアノ講師を務めながら、幼い頃からどっぷりハマっていた演劇愛を書き綴ったレビュー投稿が採用されたのをきっかけに演劇ライターに。途中今はなきパレット文庫の新人賞に引っかかり、小説書きに方向転換するも鬱病を発症して頓挫。長いブランクを経て社会復帰できたのは一重に演劇が、ライブの素晴らしさが力をくれた故。今はそんなライブ全般の楽しさ、素晴らしさを一人でも多くの方にお伝えしたい!との想いで公演レビュー、キャストインタビュー等を執筆している。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

橘涼香の記事

もっと見る