メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

 今日は韓国のお風のお話です。

 私はお風呂が好きです。お風呂と言っても、もっぱら銭湯に行くのが好きなのです。

 私が生まれた大阪の実家は、長屋でお風呂がなかったので、毎日のように近所の銭湯に通っていました。

 大阪の大衆銭湯は、私が幼少の時からそれはそれは施設が洗練されていて、ふつうの湯船はもちろん、電気風呂、露天風呂、水風呂、サウナなどの施設が整っており、中には脱衣所にカラオケボックスがある銭湯もあったくらいです。

 私はそんな銭湯が大好きなので、今も日本に帰ると毎日行きます。

拡大JenJ_Payless/Shutterstock.com

 韓国の銭湯はというと、最近はチンジルバン(韓国の蒸し風呂)なんかも設けられていて、きれいになっています。私が学生だった1980年代は、普通の湯舟と水風呂とシャワーだけ。しかも湯船の水を浄化しないので、朝一にいけば比較的きれいなお湯につかれましたが、午後遅く行ったらたくさんの人が入った後なので、お湯が黒ずんでいてとても入られない。シャワーだけして帰るしかなかった。

 けど、現在はどこでもちゃんと浄化しているので大丈夫です。

 さて、日本の銭湯との違いはというと、韓国の銭湯はお風呂場の一角にあかすりコーナーが必ずあること。

 私は男なので男風呂しかわかりませんが、 男風呂のあかすりコーナーには必ずパンツ一丁の男のあかすり職人さんがいて、別料金であかすりやマッサージをしてくれます。

 ちなみに女風呂にはおばさんのあかすり職人がいるそうです。

 日本の場合は、男風呂なのに、女性のスタッフさんがいることがありますよね。なので、韓国人の知人を連れて日本のサウナに行くと、女性が働いてるので、すごいビックリされるんですよ。

 それと、日本の銭湯は、男の人たちは裸になるとタオルで隠しますよね。けど、韓国の男の人は隠しません。よくどうして?って聞かれるのですが、私もはっきりは分かりません。ここは、読者の皆さんにお聞きしたいところです。日本のAVにモザイクがかかっているからそのせいかな?なんて言って笑っています(韓国にAVはないのです)。多分ですが、隠すということが共通点として彷彿したんでしょうね。ま、笑い話です。

 あと素晴らしいのは、日本の温泉!!

 日本の温泉は宿泊施設も料理も素晴らしいし、世界中から愛されていますよね。私も日本に行くと家族で温泉旅行に行くのが1番の楽しみです。

 もちろん韓国にも温泉はあります。けど温泉と一緒にホテルがあったりはしますが、料理とかはありません。ホテルも普通の西洋風のホテルで、温泉のつくりも近所の銭湯と何も変わりません。なので私の子どもたちは韓国の温泉に行こうと言ってもそんなに喜んでくれないんです。

 それでも私は温泉好きなので、家族で地方まで車を走らせてよく行きます。そしてそこの温泉についての説明書を読んだりすると、だいたいの韓国の大きな有名温泉は、日本植民地時代に日本人が温泉を掘り当て、その地に観光ホテルを建てています。

 日本の温泉を思い出して、韓国でも温泉に入りたかったのでしょう。温泉でも、いろいろ考えさせられます。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

ミン・ヨンチ

ミン・ヨンチ(閔 栄治) ミュージシャン 韓国伝統音楽家

大阪生まれ。幼少の頃からブラスバンドやドラムを経験し、高校から韓国へ。旧李王朝雅楽部養成所であった国立国楽高等学校に入学、ソウル大学音楽学部国楽科卒。1992年サムルノリ競演大会個人部最優秀賞。1992年国楽室内管弦楽団「スルギドゥン」に入団。1993年スーパー・パーカッション・グループ「PURI」創団メンバー。イ・ムンセ(歌手)のテレビ番組にも出演。現在も韓国伝統音楽とジャンルの違う音楽とのコラボレーションに活動中で、2009年に立ち上げた公演「新韓楽」ではジャズとコラボ―レーションした。日韓両国で数多くの公演。アルバム「HANA」(2015年/ユニバーサルミュージック・ジャパン)をリリース。ライブでは日本全国3万人を動員。国楽管弦楽の作曲にも力を入れ、2014年韓国文化芸術委員会で作曲賞受賞。「大衆に楽しんで聞いてもらえる楽曲作り」を目指す。現在、韓国芸術総合大学、梨花女子大学、秋藝芸術大学講師。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

ミン・ヨンチの記事

もっと見る