メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

無料

丸山健二Twitterの炎上、あるいは『鬼滅の刃』と価値基準について

小説の「言語」とアニメの「非言語」をめぐる《反措定(アンチテーゼ)》

大槻慎二 編集者、田畑書店社主

 もう昨年のことになるが、12月のはじめ、Twitterのタイムラインに流れてくる荒れた言葉の数々を見て、「困ったことになったな」と内心で呟いていた。

 いわゆるその“炎上”は、作家の丸山健二さんがTwitter上で発信した次のような文章が引き起こしたものだった。

少年期を過ぎたならば、アニメやゲームという非現実の世界からは完全に手を引かなければならず、さもなければ、自立や自律とはいっさい無縁な、不気味極まりない子ども大人として異様にして異常な人生を送るだけならまだしも、社会全体と国家全体を尋常でない集団に仕立て上げ、暴力の狂気を迎える。

丸山さんの新刊『ラウンド・ミッドナイト 風の言葉』(田畑書店)拡大丸山健二『ラウンド・ミッドナイト 風の言葉』(田畑書店)
 その「荒れた言葉」たちの内容は充分に予測できたものとはいえ、あまりにヒステリックな負のエネルギーに触れて、困惑と戸惑いを覚えた。

 困惑の主たる原因は、直後に丸山さんの新刊『ラウンド・ミッドナイト 風の言葉』(田畑書店)の発売を控えていたからで、それもこの本はこれから人生の荒波をくぐらなければならない若い世代にぜひ読んでもらいたいと思っていたからだ。

 そして戸惑いというのは、これまで丸山さんがTwitter上でどんなに過激な言葉で体制やそれに従属して生きる者たちを批判したところで、ほとんど“炎上”したことなどなかったのだが、サブカル界隈に水を差した途端にこうである。そこに何か得体の知れない“禁忌”を見た思いがしたからだ。

 もっとも、このことで初めて丸山健二がTwitterをやっているのを知った、という揶揄めいた言葉も多かった。もちろん丸山さんは自分でテンキーを打って投稿したりタイムラインを逐一チェックしたりなどしない。東京にある丸山健二事務所員、兼「いぬわし書房」(丸山さん自ら興したひとり出版社)の編集者が、ファックスで来た140字の原稿を代わりに打ち込んでいるのだ。だから炎上のことも丸山さんはその編集者を通じて間接的に耳にしているに過ぎない。

 「困惑」と「戸惑い」のうち、「困惑」の方は投げつけられる汚い言葉をなぞっているうちに、解消した。少なくともここでヒステリックに反応している人々は、こちらが想定している読者層ではない。

 勝手な想像であるが、「宇宙戦艦ヤマト」あたりからのアニメの世界、ドラゴンクエストあたりからのゲームの世界をリアルタイムで知っている世代と、少なくともそのひと回り下の世代、つまり40、50代のサブカルファンが中心と見た。そしてアニメと同等に文学にも興味があり、福田和也が『作家の値うち』(2000年、飛鳥新社刊)で丸山健二を酷評していたこともほぼリアルタイムで知っていた層……あたりが“炎上”の中心を牽引しているように思えた。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

大槻慎二

大槻慎二(おおつき・しんじ) 編集者、田畑書店社主

1961年、長野県生まれ。名古屋大学文学部仏文科卒。福武書店(現ベネッセコーポレーション)で文芸雑誌「海燕」や文芸書の編集に携わった後、朝日新聞社に入社。出版局(のち朝日新聞出版)にて、「一冊の本」、「小説トリッパー」、朝日文庫の編集長を務める。2011年に退社し、現在、田畑書店社主。大阪芸術大学、奈良大学で、出版・編集と創作の講座を持つ。フリーで書籍の企画・編集も手がける。

※プロフィールは、論座に執筆した当時のものです