メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

半藤一利さんは「心の柱」だった――担当編集者がみた「歴史探偵」の素顔

「半藤さんの仕事で歴史を知り、未来を考える若い人が増えました」と報告したい

山本明子 編集者

 電話ぎらいだからFAXで――と聞き、緊張しながら文面をこしらえて『漱石と落語』(水川隆夫著・平凡社ライブラリー)の解説文をお願いしたのが、半藤一利さんとのご縁の始まりだった。2000年初めだったと思う。何度か催促FAXを送ったころに編集部に電話がかかってきて、「もういいから、電話くれてもよぉ」とうんざり気味に、あの胴間声(失礼)で、執筆を引き受けてくださった。

 本が無事に刊行された後、「一度お目にかかりたいのですが」とお願いした。某会合の後にホテルのロビーにうかがい、初のおめもじにこぎつけた。お茶をご一緒しながら、漱石ファンの編集者が何かを企んでいると下心を嗅ぎつけられたのか、「お前さんの考えていることぐらい、お見通しなんだよ」、ふふん、とベテラン編集者の風格をにじませて言われた。ガードが固いなあ。いや、もし鼻であしらわれたのだとしても、若かったゆえか気づかずにすんだ。

 鈍感が功を奏したか、単行本を少しずつ作らせてもらえるようになった。じつはお酒が強かったのが幸運だったのではないか。なにせ、酒を呑んでオダをあげるのが大好きな御仁なのである。一杯一杯また一杯。いくら呑んでも、知識と経験からくる山ほどの話題をカンガルーの袋にいっぱい詰め込んで大盤振る舞いするような、頼もしさであった。

千代田区麹町2010年拡大半藤一利さん(1930-2021)=2010年、千代田区麹町で

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

山本明子

山本明子(やまもと・あきこ) 編集者

大阪府出身。平凡社で半藤一利著『昭和史』シリーズ、文芸誌『こころ』編集などを担当した。半藤さんに頂いた最後の原稿は2020年10月刊、『こころ』Vol.57(最終号)掲載の「四文字七音の昭和史」。

※プロフィールは、論座に執筆した当時のものです